趣味は料理・旅行・MTBなど。どうぞよろしくお願いします♪(渡米以前のブログはhttp://d.hatena.ne.jp/axyxuxmxi/へ。)


by ayumin_moo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
手続きあれこれ
Cooking
Bread
Sweets
Food
Wine
Restaurant
Shopping
Gardening
Tahitian&Hula
Traveling
Bicycle
Hobby
レシピメモ
English
ひとりごと
Sobuko日記
2008 Utah
2009 India
2010 LA etc.
そぶ子へ
そぶ太郎へ
未分類

以前の記事

2015年 05月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 08月
2012年 01月
2011年 12月
more...

お気に入りブログ

そして今日も途方にくれる
Mau-ly Life ...
pinkteddy_we...
きまぐれ主婦生活考
shina_poohな日...
泡あわわ
シリコンバレー自転車生活

最新のトラックバック

Crown & Crum..
from ふらふらサンふらンシスコ
他人のふんどしで相撲をとる
from ふらふらサンふらンシスコ
No.495 3回目のア..
from shina_poohな日々@..

タグ

(9)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:2008 Utah( 13 )

ユタ合宿、13日目・まとめ。「感謝」

<13日目>

10月1日、水曜日。
いよいよ旅の最終日。

朝6時に起床。
めずらしく朝食付きのモーテルだったので、軽く朝ごはん。
(パンとシリアルしかありませんでしたが)

今日中に家に着きたかったので、すぐに出発。


走った高速道路について。
行きはI-80を利用しましたが、帰りは違う道で帰ろうということになり、US-50を利用。
I-80はほぼ直線道路で、制限速度もほとんどの道が時速75mile(120km)。
一方、US-50は山道も多く、道もくねくね。制限速度は速くて時速65mile(104km)。

山道になると制限速度も遅くなります。
町の中をそのまま通り、信号もあったりします。
高速道路というより、国道と言った方が正しいのかも。

急いでいる方はI-80の利用をおすすめしますが、アメリカの古きよき時代を味わいながら走りたい方には、US-50もおすすめです。

たとえば、お昼に立ち寄ったEurekaの町。

Eureka (K)

Eureka (K) Eureka (K)

何があるというわけではないのですが、味のある町並みを楽しめます。

ついでに、この日のお昼ご飯。
Eurekaのダイナー、DJ's Dinerにて。

Eureka (K) Eureka (K)

アメリカンムードたっぷりのダイナー。

Eureka (K) Eureka (K)

ハンバーガーの種類も10種類以上ありました。
でも、我が家は保守的にチーズバーガーと普通のハンバーガー。

ハンバーガーも美味しかったけど、特にサイドのポテトがすっごく美味しかった~。
軽くスパイスがかかっているのだけど濃すぎず、ホクホクだけどカリカリ♪


旅行前は、自転車生活中もこういうダイナーがたくさんあるのだろうと思っていたけど、実際はほとんどなく。。。
お店があっても時間がなくて入れなかったり、疲れていて食べる元気がなかったり。。。

自転車生活を終えてから、それまでの分を一気に食べた気がします。


ネバダ州を走っている間、こうしたちょっと寂れた町をいくつも通りました。
19世紀後半、古き良きアメリカの時代には栄えたのだろうと思われる面影。
運転は疲れますが、こういう町を眺めながら走るのもいいかも。


夕方、Lake Tahoeに到着してようやくネバダを脱出。
久々のカリフォルニアです。

Lake Tahoeから山道を走るときには、すでに日が暮れて真っ暗。
Davisのファーストフードで夕飯を食べ、ようやくベイエリアへ。

夜9時すぎ、無事に自宅アパートへ到着いたしました。
おつかれさまでした~。


最終日、事故もなく無事に終了。


<まとめ>

いや、まとめと言っても、そんな一言でまとめられないのですが。。。

とりあえず、実際に自転車で走った道を載せておこう。

Map
Google Maps より

当初の予定は以下のとおり。
MapGoogle Maps より

短縮されてしまいましたが、ユタの美しさ、雄大さは十分堪能しました。
行けなかったZionやBryce Canyonはまたいつか。(多分車で)

合計走行距離は481.5mile(770.4km)。
今までで一番長かった旅行はニュージーランド旅行の415kmだったと思うので、大幅に更新です。

広大なアメリカ。
全身で満喫!


この旅行中、何が印象的だったか。
それは、人の温かさ。

7日目にキャンプ場をシェアしてくださったご夫婦、9日目に水をわけてくださったカップルには感謝してもしきれない。

そして、自転車で走っている間、車で観光しているたくさんの方が「がんばって!」「水は足りてるか?」など温かい言葉をかけてくれました。

言葉はなくても、手を振ってくれたり、軽くクラクションを鳴らして応援してくれる方もたくさん。

そんな皆さんに励まされたから、ここまで走れたのだと思います。
自転車旅行だから触れ合える人の温かさに感動し、感謝する旅となりました。


自転車旅行のたびに思うこと。
体力の限界はすぐに来る。あとは気力、根気、忍耐力。

私は、自分でも根気強さ、忍耐力がある方だと思っています。
でも、そんな根性も叩き直された旅、いや、合宿。
まさに強化合宿です。

自分の限界を知り、弱さを知ると同時に強さも知り。。。
体力の強化だけでなく、精神面も強化されたと思います。


予定していたゴールにはたどり着けなかったけど、後悔はありません。

諦めるという言葉は仏教用語では『物事を明らかにする』『悟る』という意味。
その言葉の通り、大きなものを悟ることができました。


旅行中、泣き言を言う私を支えてくれた鬼、じゃなくてオットにも感謝。


波瀾万丈な旅日記もこれで終わり。
ご精読ありがとうございました。


おしまい。


Moki Dugway (C)
~7日目、Moki Dugwayにて~


*******

ユタ合宿、1日目。「遠い。。。」
ユタ合宿、2日目。「予感」
ユタ合宿、3日目。「予感的中」
ユタ合宿、4日目。「1個のリンゴに救われる」
ユタ合宿、5日目。「インディアン自治区へ」
ユタ合宿、6日目。「命の洗濯?」
ユタ合宿、7日目。「本当の難関とは。。。」
ユタ合宿、8日目。「ついに。。。」
ユタ合宿、9日目。「命の水」
ユタ合宿、10日目。「達成感」
ユタ合宿、11・12日目。「アーチーズの中心で○○を叫ぶ」
ユタ合宿、13日目・まとめ。「感謝」
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-25 22:05 | 2008 Utah

ユタ合宿、11・12日目。「アーチーズの中心で○○を叫ぶ」

<11日目>

9月29日、月曜日。

朝7時に起床。
朝ご飯は、おなじみのオートミールきのこリゾット。

Green River (C) Green River (C)

午前9時、Green Riverのキャンプ場を出発。
久々の車はなんとなく変な感じ。
つい、側道に寄ってしまいそうで、注意しながら走る。

今日の予定はMoab観光♪
旅の3日目に自転車で走った、Green RiverからMoabまでの道。
今日は車で走ります。

あっという間に感じるかと思ったら、意外と距離が長い。。。
といっても、1日かけた道を1時間で走ってしまうのですが。
こんな道、よく走ったなぁ、とすでに人ごとのように感じてしまう。

オットにとって、Moabに来るのは4回目。
見所(走り所)がたくさんあって、一番お気に入りの町だそうで。
ガイドは完全におまかせ。


まずは、Canyonlands National Park(キャニオンランズ国立公園)へ行きましょう。
Moabの町からすぐの場所にあります。

Canyonlandsはとにかく広い!すっごく広い!
地平線の向こうまで続きます。

走ること30分以上、Visitor Centorを過ぎ、見所がぽつぽつ現れる。
それらの地形の多くに1億年以上前の地層が見られるというから驚き!

そのうち、いくつかをご紹介。

・Island in the Sky

Canyonlands National Park (C)

目がくらむほど深い谷。
谷間に道が見えますが、ここを走る自転車ツアーもあるそうで。
ちなみに、オットは11年前と8年前に走ったことがあるらしい。
もちろんオフロードです。

・Green River Overlook

Canyonlands National Park (C)

Green Riverが削った地形。
ここも、崖の淵に沿ってトレイル(White Rim Trail)があります。
こちらもオットは8年前にここを走ったことがあるそうです。
約200kmを5日間ほどかけて走るツアーだったとか。
こちらももちろんオフロード。考えられない。。。


・Grand View Point Overlook

Canyonlands National Park (C)

美しい!壮大!
うわぁ、と声を上げた後、はぁ、とため息をついてしまう、そんな景色。

西部開拓時代、ここに初めて来た人は、きっと途方に暮れたことでしょう。
この先、どう進めば良いのか。。。

こんな感じで、4時間ほどかけてCanyonlandsを観光しました。


夕方が近づき、今度はArches National Park(アーチーズ国立公園)へ。
目的は、夕日に映えるというDelicate Arch(デリケートアーチ)を見るため♪

目的のアーチまでは公園の入口から30分ほどかかります。

Arches National Park (C)

道路沿いにもいくつも見所があります。

・Park Avenue

Arches National Park (C)

薄い岩が壁のように囲っています。
この地層も1億5000万年以上前に形成が始まったそうで。
気が遠くなります。。。

*「板チョコみたい」とつぶやいていた欠食夫婦がいたとかいないとか。。。


その他のスポットは明日ゆっくり観光する予定。
目的のDelicate Archへ向かいます。

駐車場から、岩山の間を1時間弱歩きます。

Arches National Park (C)

午後4時過ぎとはいえ、日差しが強い!
看板に、必ず水を持ち歩くよう注意書きされているほど。


ようやく着きました~。

Arches National Park (C)

右に見えるのがDelicate Arch。
すごいね~。
見事だね~。

夕日の時間になるまで、皆さん思い思いに記念撮影をしています。
我が家も、アーチを前にパチリ。


わたし「アーチの下で○○をしたら、何をしてくれる?」
オット「何でもしてあげる」
わたし「ほんと?じゃあ、行ってくる。」


で、アーチの下へ行きました。

Arches National Park (C)

こんな風に何人もの人が見ている前で、、、

     Arches National Park (C)

しぇ~!

あぁ、恥ずかしい。。。

でも、これをしたら何でもしてくれるって言ったもんね。
何してもらおうっかなぁ。
よし、明日、あれをしてもらおう!

喜びを心に秘め、安心してアーチの見学です。

夕日がだんだん傾いてきました。
大勢の観光客がアーチを見守ります。

はぁ、美しい。。。

Arches National Park (C)

Arches National Park (C)

感動。。。

言葉になりません。
ユタに来てよかった、そう思ったことは確かです。

夕日に映える時間は20分間ほどだったでしょうか。
写真を撮りつつ、肉眼にもしっかり焼き付けてきました。


日が落ちたら、早々に引き上げます。
暗くならないうちに、駐車場まで戻らなくてはいけません。


きれいだったねぇ。
晴れててよかったねぇ。
そう言いながら、Moabの町へ向かいます。


この日泊まったのは、8日前と同じキャンプ場。
シャワー付きで快適なキャンプ場です。

夕飯は、例によってSubwayのサンドウィッチ。

今日は自転車には乗っていないけど、けっこう歩いたせいか体もくたくた。
まだ自転車の疲れも残ってるね。

11日目、感動に浸って終了。

Canyonlands National Park (C) Canyonlands National Park (C) Canyonlands National Park (K) Canyonlands National Park (C) Arches National Park (C)Arches National Park (C)Arches National Park (C)


<12日目>

朝7時に起床。
のんびり準備をし、8時にキャンプ場を出発。

昨日の約束、オットの「何でもしてあげる」の希望をかなえるべく、さっそく目的地へ。

それが、ここ。

Moab (C)

PANCAKE HAUS。
その名のとおり、パンケーキ屋さん。

9日前にこの町を通ったとき目に付いたのだけど、時間がなくて行けなかったよぉ。
ここに連れて来てもらいたかったんだ♪
今日こそはゆっくりパンケーキを味わうんだい!

Moab (C) Moab (C)

念願叶って、オムレツとパンケーキのセット♪
もう、最高!

あれ?
「しぇ~」をしてないのに食べてる人がいる。。。
しかも、Hungry Man's Delightとかいうゴージャスセットを。。。
まぁ、いいか。


心も体も満たされた後は、お土産ものを探しがてら、Moabの町をぶらぶら。
欲しいと思っていた、ココペリの絵が描かれている帽子をゲット♪


さて、今日もArches National Parkの観光の続きです。

公園内の道は、けっこう坂の勾配がきつい。
ここを自転車で走るのは大変だね~。

なんて話していたら、いましたよ、走ってる人が。

Arches National Park (C)

よく見ると、3日前の夜、Hanksvilleで出会ったオランダ人の青年です。
もうここまで来たんだねぇ。
この暑さの中、この坂を自転車で走るなんてすごい!

申し訳ないなぁと思いつつ、横を過ぎて先を行きます。


・Balanced Rock

Arches National Park (C)

その名の通り、見事にバランスをとっています。
本当に、よく落ちないなぁ。
この状態を何万年維持しているんだろう。
想像しただけでも肩が凝りそう。。。

で、とりあえず、私もバランスをとってみた。

     Arches National Park (K)

そして、首をつかんでみた。

Arches National Park (C)

そうこうしているうちに、オランダ人青年も到着!
少し話をし、連絡先を交換し合い、記念撮影をしてお別れ。
こういう出会いも、自転車旅行の醍醐味♪
この先、彼の旅が安全で楽しいものとなりますように!
*彼のウェブサイトはこちら

・North Window & South Window

Arches National Park (C)

メガネのような2つのアーチ。
Window(窓)の名の通り、アーチまで登ると向こう側に果てしない岩山の地形を見渡せます。


・Double Arch

Arches National Park (K)

どうして、こんな地形ができるのだろう。
見事に2つのアーチが重なっています。

アーチの形成には、川の浸食、風化、土の水分の凍結による崩壊など、さまざまな要因があるそうです。
人間の手では作れない、自然の彫刻ですね。


・Landscape Arch

Arches National Park (K)

これもまた、繊細なアーチですね。
上を歩いたら折れてしまいそう。
あまりに大きなアーチで、近づいたらカメラに収まりませんでした。


日も傾いてきたので、ここら辺で観光を終えましょう。
オットの大好きなMoabの風景、別れを惜しみながら車を走らせます。

Arches National Park (K)


この後、自転車で行くはずだったBryce Canyon National Park(ブライスキャニオン国立公園)やZion National Park(ザイオン国立公園)へ車で行こうかという話もありました。

でも、ここまでで心も体もお腹がいっぱい。
充分景色も楽しんだし、これ以上見ても逆に未消化になってしまいそう。

その気持ちを肯定するかのように、Archesのパンフレットにこんな言葉がありました。
If you try to see too much on your vacation, you end up really "seeing" nothing.
(休暇の間にたくさんのものを見ようとしすぎると、結局は何も見てないのと同じことになる)

ここは、潔く帰ることにしましょう。


ということで、いよいよ帰宅方向。
行きと同様、2日間かけて帰ります。

Moabを出発したのがすでに夕方だったため、この日はユタを脱出できず。。。
日が暮れたあたりで通りかかったSalinaという町に宿泊しました。

夕飯は、この町で一番おいしい、と看板に書いてあったダイナー、Mom's Cafeへ。
(この町にダイナーが1つしかないという噂も。。。)

Salina (K)

Salina (K) Salina (K)

「ステーキ食いて~」とうなっていたオット、無事にステーキをゲット。
私はフライドチキンのようなもの。(もっと変わった名前だったけど忘れました)

National Geographicにも取り上げられたお店だそうで、味もグッド♪
サイドのスコーンは、スコーンというより、フランスのベニエに近い。
だって、揚げてあるんだもの。。。
ふわふわ、もちもち、これはこれで美味しい♪
お店の名物でもあるようです。


食事の後は、いくつかのモーテルをまわり、安めの場所に落ち着きました。
驚いたことに、このモーテルの受付がインド人の夫婦!
ユタで初めてインド人の方に会った気がします。

ベイエリアにはたくさん住んでいるインド人。
一気に現実に戻された気がします。。。

値段のわりに快適なモーテル。
友人・知人に絵葉書を書いてから就寝。

目をつぶると、まぶたにはまだユタの赤土の光景が浮かびます。


12日目、まるで旅行のような観光をして終了。


Moab (C)Moab (C)Arches National Park (C)Arches National Park (C)Arches National Park (K)Arches National Park (K)Arches National Park (C)Arches National Park (K)Arches National Park (K)Arches National Park (K)
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-24 23:34 | 2008 Utah

ユタ合宿、10日目。「達成感」

9月28日、日曜日。

久々に屋根のある部屋でぐっすり眠り、朝7時に起床。
準備をして、すぐに出発。

ちなみに、モーテルはこんなところ。

Hanksville (C)

見かけは大丈夫かなぁ、と思ったけど、部屋の中は意外なほどお洒落で清潔でした。


昨日、朝食をしっかり食べたらお昼はエナジーバーで充分足りました。
今日も目的地までお店がないので、しっかり朝食を食べておこう!

適当に目に付いたお店に入ってみる。

Hanksville (C) Hanksville (C)

朝からメニューがたくさん!
嬉しくて嬉しくて、どれにするかしばし悩む。

大好きなパンケーキもいいなぁ。
でも、しょっぱいものも食べたいなぁ。
おぉ、スペシャル・ブレックファーストなんてのもあるねぇ。

で、パンケーキとスペシャルをオットと分け合うことに。
(ほぼ強引に交渉成立)

Hanksville (C) Hanksville (C)

スペシャルはスクランブルエッグ、ビスケット&グレイビー、ハッシュブラウン、ベーコン。
見るからに高カロリーだけど、自転車旅行中はそれが嬉しい。
この際、体に良いかどうかは置いておいておこう。

パンケーキは、フワフワ系。
バターとメイプルシロップをた~っぷり添えて。
旅の間にパンケーキを食べられるなんて思わなかったわ~。

あぁ、至福♪
美味しい朝食をいただきながら、終始目が垂れっぱなしの私でした。


朝9時すぎ、お腹が満たされたところでHanksvilleを出発。

今日のコースです。

MapGoogle Mapsより

ひたすら北上し、車の待つGreen Riverへ!
距離は60mile(96km)くらい。
最後、高速道路を走るか脇道を走るかは、その時の判断で。

最後の1日、がんばるぞ!

UT-24 (K)

UT-24 (K)

相変わらずの単調な道のり。
でも、今日で終わりだと思えば苦に感じません。
結局、精神的なものなんですね。

広大な自然の中、よく走ったなぁとしみじみ感じながら走ります。

昨日に引き続き、今日も向かい風。。。
でも負けない!
今日は文句は言いません。
だって、最後だし。


UT-24 (K)

前に見える2つのButte(ビュット)、近そうでいて、なかなか近付きません。
この写真を撮ってから、横を過ぎるまでに1時間以上かかりました。
ユタの大きさを、あらためて実感。

しばらく走ると、遠くにMesa(メサ)が見えてきました。

UT-24 (C)

Green Riverから見えたMesa、ちょっと感動。
と言っても、ここから何時間もかかるのですが。

ここまでよく走ったなぁ。
なんて、もの思いにふけながら走っていたら、後ろを走っているはずのオットの姿がない。

写真を撮ってるのだろうと、そのまま走りすすめる。
普段ならすぐ追いつかれるのに、後ろを振り返ってもまったく見えない。

立ち止まって10分ほど待つ。

来ない。

パンクでもしたのかなぁ。
いや、事故にあったのかも。
心配になって引き返してみる。

おぉ、来た来た。
思ったとおり、パンクしてしまったそうで。

車通りの多い道だから、何かあったら車の人が教えてくれるだろうけど、意外と心配性の私は何があったのではないかとあれこれ想像してしまって。。。

ずっと一緒にいると、視界からいなくなっただけで心配してしまいます。
(と言いつつ、しばらく気付かなかったんだけどね)


気を取り直して走り始めます。

お昼過ぎ、休憩をしたいけど日影がまったくありません。
炎天下では、止まるより走っているほうが涼しい。
エナジーバーをパクつきながら、ペダルを回し続けます。

UT-24 (K)

Interstate Route(大陸を横切る高速道路)が近いせいか、車がたくさん通ります。
ユタはどこも舗装が荒く、側道より車道の方がまだ走りやすい。
でも、車が多いと側道を走るしかないので、なかなかスピードが出ません。

日暮れまでに帰れればいいか、とマイペースに走ります。


途中、このButteを見て思った。

UT-24 (C)

チョコレートケーキみたい。
ケーキ、食べたい~!

そんなことを言ったため、オットに「帰ったら作ってね」と言われてしまいました。
そのうちね。。。


あ、右に曲がる道がある。
ひょっとして、これが高速道路を走らない場合の脇道かな。

Dirt Road (K)

車が多くて危ないから、脇道を走ろうということで進んでみる。

Dirt Road (K)

思いっきりオフロード(未舗装)。。。
砂が深いところは、手で押して進みます。

Dirt Road (K)

この道、どこまで続くのかね。。。
舗装道路にならないのかなぁ。
荷物でヨタヨタしながら、転ばないように気をつけて走る。

と、しばらく走ってから、何かがおかしいことに気付いた。

太陽が前にある。
つまり、南西に向かってる。。。

この道、間違ってるじゃ~ん!
頑張って走ったのに。。。

仕方がない、分岐点に戻ります。

Dirt Road (K)

オフロードと戯れていたために、1時間のロス。
日暮れに間に合わなかったらどうしよう。
ちょっと焦り気味で元の道を進みます。

あ、これが本当の脇道だ。
今度こそ!

Old State HWY 24 (K)

しっかり舗装されてるし。。。

Old State HWY 24 (K)

ここは高速道路の旧道。
メンテナンスがされていないので道路がひび割れていたり、そこから草が生えていたりします。
それでも、車が通らないので安心して走れる。

この道を15mile(24km)くらい走ればゴールだ!

Old HWY Hanksville (K

やっぱり遠い。。。
長い。。。
きつい。。。
丘の頂上を越えるたび、町が見えるかなぁと思いながら裏切られ。。。

日が傾き始め、焦りながらひたすら走る。
でも、体の痛みのせいで思うようにスピードが出ない。

この旅行、結局毎日ぎりぎりだったな。。。


あらら、またオフロードですか。

Old HWY Hanksville (K

前方に雨が降っているのが見えます。
Green Riverが雨じゃないといいのだけど。


小さな飛行場の脇を通り、町まであと少し。

County Road (C)

やった~!
町が見えてきたぞ~!

何とか、日暮れにも間に合いそう。
あとは、駅前にとめた車が無事に待っていることを祈るのみ。

Green River (K)

Green Riverの線路を渡り、ドキドキの瞬間。

Green River (K)

あった~!
やった~!

ついにゴールです!!!
無事に戻ってくることができました~。

と、感慨に浸っている時間もない。
とりあえず、記念撮影だけして、今日の宿泊地の確保にかかります。

先日満員で泊まれなかったキャンプ場に再チャレンジ!

到着してみると、2割くらいしか埋まっていませんでした。
この間はお祭りだったから満員だったんだね。

シャワーもあるので、このキャンプ場に決定。

Green River (K)

まずはシャワーを浴びてさっぱりと♪

そして、オットがご飯を炊いている間に、私は飲み物の買出し。
恒例の、コーラ(XL)、野菜ジュース、ビールをゲット。

真っ暗の中、ようやく夕ごはんです。

Green River (C) Green River (C)

ヒヨコ豆のカレーと、明太子のパスタ。

そして、

Green River (C)

小アジのみりん干しをランタンで炙って。

無事のゴールを祝って、乾杯!!!

「よく頑張ったね。」
「いやぁ、よく頑張ったね。」
「本当に、よく頑張ったね。」

何度も同じことを言いながら、最高の晩餐を楽しむ。

そして、こんなことも。

「ルート変更してよかったね。」

2人とも、まったく悔いなし。

後悔するかなぁと思いましたが、これで良かったのだと言い切れました。
それくらい限界でした。

本当に、無事にゴールしてよかった。
こんな日、もう来ないかと思ったよ。。。


さて、今日の記録です。
今日は2人ともGARMINを付けてみました。

まずは、オットの記録。

走行距離   60.25mile(96.4km)
走行時間   7時間46分03秒   
合計標高差  2016ft(624.9m)
平均心拍数  89bpm
平均時速   7.8mph
消費カロリー 2923kcal

次に、私の記録。

走行距離   61.82mile(98.9km)
走行時間   8時間10分19秒   
合計標高差  2016ft(624.9m)
平均心拍数  105bpm
平均時速   7.6mph
消費カロリー 2295kcal

走行距離が違うのは、オットがパンクした時に私が少し引き返したため。
消費カロリーは、オットの方が2割ちょっと多いですね。
まぁ、このカロリーは正しくはなさそうですが。

8日間の合計走行距離、481.5mile(770.4km)
1日平均約60mile(96km)。

旅行前、冗談半分で「毎日センチュリーライド(100km)かも」と言っていたら、ほぼ現実となってしまいました。

たった8日間の自転車生活なのに、1ヶ月くらい走っていたような気がする。
そのくらい、感動し、笑い、苦しみ、達成感を感じた毎日。
充実した8日間でした。


10日目、無事のゴールを喜んで終了。

*旅行記はあと少し続きます。よろしければ、またお立ち寄りください。


Hanksville (C)Hanksville (K)Hanksville (C)Hanksville (C)Hanksville (K)Hanksville (C)Hanksville (C)Hanksville (C)UT-24 (C)UT-24 (C)UT-24 (C)UT-24 (K)UT-24 (K)UT-24 (C)UT-24 (K)UT-24 (K)UT-24 (C)UT-24 (K)Dirt Road (K)Dirt Road (K)Dirt Road (K)Old State HWY 24 (K)Old HWY Hanksville (KOld HWY Hanksville (KCounty Road (K) Green River (C)
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-21 23:03 | 2008 Utah

ユタ合宿、9日目。「命の水」

9月27日、土曜日。

涙の数だけ強くなれるよ。
明日は来るよどんなときも。

この旅行中、何度も励ましてくれた歌のフレーズ。
その言葉のとおり、朝は必ずやってきます。


朝6時45分、ちょっと寝坊してあわてて起床。
もともと朝ごはんは町で食べようと言っていたので、すぐに出発準備。

8時のフェリーに乗るため、7時40分に出発。

ところが、目の前にあると思っていたフェリー乗り場が意外と遠い!
キャンプ場から見えていたのは別のマリーナで、フェリー乗り場は丘の向こう。

乗り遅れたら2時間待ち!
オットに先に走ってもらい、私も急いで追いかける。

Ferry (C)

なんとか5分前に到着し、ほっと一安心。
この15分で半日分の体力(気力)を使ってしまった気がします。

このフェリー、人・自転車だけでなく、車ごと乗ることができます。

Ferry (C)Ferry (K)

フェリーから見る、朝焼けのLake Powell。

Lake Pawell (C)

湖上に浮かぶたくさんの船。
ここでは、船の上で寝泊りし、休暇を過ごす方たちがたくさんいるようです。

Lake Pawell (K)

フェリーの上で、景色を見ながら思った。
ルートの変更、これで良かったのだと。

そこに迷いはなく、むしろすっきりとした気分。
普段、優柔不断な私にしては、潔い決断でした。


約30分で、向こう岸に到着。

さて、ここからのコースです。

Map
Google Mapsより

これからは車へ戻る方向。といっても、1日では帰れない。。。
ひたすら北上し、まずはHanksvilleという町を目指します。
距離が60mile(96km)以上あり、上り坂が多いので、もし到着しなければ野宿ということで。

実は、家で地図に標高をメモしていたとき、道を間違えてHanksvilleまで標高も書いていた。
消そうとしたら、オットが「念のため消さないでおいて」と。
このメモが役に立つとは、そういう運命だったのか。。。


フェリーが着いた町、Bullfrogは、ヨット好きが集まるちょっとした観光地。
ここなら朝食を食べられるレストランもあるでしょう。
もう、お腹がペコペコ~。

フェリーを降りて丘を上り、分岐点へ突き当たる。
そして、南方向、湖沿いのBullfrogの町を眺める。

うん、気持ちがいいくらい下り坂だね。
でも、北上するには、同じ道を上るってことだね。。。

ジョギングをしていた女性に、北方向にお店がないか聞いてみる。
「5mile(8km)くらい北へ行ったところに、ガソリンスタンドがあるわよ。」
では、北へ行きましょう。

湖への一本道なので、向かってくる車、追い越す車、ほとんどの車が船を牽引している。

中には、こんな車も。

UT-276 (K)

完全にオーバーサイズ。
家を運んでいるようなものです。
(たまに、本当に家を運んでいるトラックもありましたが)

北へ走ること1時間ほど、無事にガソリンスタンドを発見!
冷凍のホットドックでも買おうかねぇ、なんて言いながら物色。

すると、店員のおじさんが、
「朝食を食べたいのか?だったら、もう少し先のガソリンスタンドにカフェがある。あそこの朝食は美味しいぞ~。」
と教えてくれた。
他のガソリンスタンドを薦めるなんて親切だなぁ。

あまりの空腹感で迷いもあったけれど、久々に普通の食事をしたい気もする。
せっかく教えてくれたし、近くならば行ってみよう。


走ること20分ほど、次のガソリンスタンドに到着。

UT-276 (K)

中へ入ると、おじさんの言っていた通り、素敵なデリが併設されています。

Breakfast (C)

店員さんは、おしゃべり好きのおばちゃま達ばかりで賑やか。
こちらまで陽気な気分になっちゃう♪

よ~し、食べるぞ~!

Breakfast Buritto (C)Breakfast (C)

ブレックファースト・ブリトー、フルーツジュース、スイカをゲット♪

ブリトーは、自分で中身を選べる形式。
オットは卵2個分のスクランブルエッグを選んでいました。
私もカロリー補給にサルサとサワークリームをたっぷりトッピング。

美味しい~♪
幸せ~♪
久々の新鮮野菜、心と体のエネルギー源です。


地図によると、10mile(16km)ほど先に次の町Ticabooがあるらしい。
お昼ごはんはその町で食べよう。

売店でお水を買おうかと思ったけど、Ticabooまでは足りそうだったのでパス。
無駄に荷物を重くしたくないしね。


自転車のタイヤに空気を入れ、再び出発。

この道はオットも初めての道。
地図を頼りに走ります。

UT-276 (K)


と、走り始めて1mile(1.6km)ほどのところに、Ticabooという看板が。
でも、地図によるとまだまだ先のはず。

きっと、ここが町の境なんだね。
そう解釈して走り続ける。

UT-276 (K)

この道、UT-276は上りメイン。
急坂も多いけれど、もう帰る方向だと思えば気持ちもラク。
坂もそれほど辛くありません。
精神と身体ってダイレクトに結びついてるなぁとしみじみ実感。

長~い坂を上り、ようやく峠を越える。

もうすぐTicabooかなぁ。
この坂を越えたらTicabooかなぁ。
Ticabooって、"peek-a-boo"(いないいないばぁ)みたいな名前だなぁ。

そんなことを思いながら走る。
走る。
走る。


町がない。。。


前の町から20mile(32km)以上は走った場所で、もう一度地図を確認。
標高から考えても、地図に書いてある町の場所はとっくに通り過ぎている。

つまり、地図が間違ってる。。。


うそ~!
そんなことってあるの~?

どうやら、最初に通り過ぎたTicabooという看板があった場所が町だったらしい。
(町といってもお店2件、モーテル1件しか見えませんでしたが)

お昼ごはんはエナジーバーでなんとかなるけど、お水はないと困る!
まだボトル1本ずつはあるけれど、夕方までは持ちそうにない。
どうしよう。。。

とりあえず、地図にはない町もあるかもしれないと走り出す。
でも、いっこうに町らしきものは見えない。

本格的にまずいですね。。。
灼熱の太陽の下で走り続けるのに、水なしでは無理。

仕方ない、向かいから走ってくる車に、次の町がどこか聞いてみよう。
幸い、車通りは多い道だし。

あ、車が来た。

握りこぶしに親指を立て、ヘルプを求めるサイン。

おぉ、1台目で止まってくれましたよ。

車から降りてきたのは年配のカップル。
さっそく次の町までどのくらいか聞いてみる。

やはり、今日の最終目的地であるHanksvilleまで町はないらしい。。。
Hanksvilleまではあと30mile(48km)以上あります。

困った顔をしていると、「どうしたのか」と尋ねられる。
「地図に乗っていた町の場所が間違っていて、水を買いそびれてしまった」
と話をすると、
「私達のお水をあげるわよ。たっぷり持ってるし、車なら町まですぐだから。」
と、トランクから未開封の大きな水のボトルを持ってきてくださいました。

嬉しい!
でも、人に頼ってばかりでいいのだろうか。
でも、背に腹は変えられない。

「ありがとうございます」と何度も言いながら、ボトルに水を入れる。
「もっともっと!」とのお言葉に甘えて、ありったけのボトルに水を入れさせていただきました。

水代をお支払いしようとお金を差し出したけれど、またも受け取っていただけず。。。
本当に感謝いたします!


このカップルに言われた言葉。
「困ったときは、助けを求めることに躊躇するな。最悪の事態になる前に助けを求めろ。」

助けを当てにして計画を立ててはいけません。
でも、本当に困ったときは助けを求めるより仕方ないのですね。

またも、人に頼る結果となってしまいました。
親切な方と出会えて、本当に良かった。


お水を確保し、安心して走り出します。

10mile(16km)ほど走ったところで、UT-95にぶつかり、さらに北上。
しばらくはなだらかな上り坂が続きます。

このころ、数日前から痛み出した肩・太ももの裏の痛みがピークに。
痛みをこらえながら、坂を上ります。
進むしかありませんから。

太陽が傾き始め、休憩する時間もない。
町まで着かなかったら野宿という手もあるけれど、できれば町に辿り着きたい。
そして、モーテルに泊まりたい!

4日間テント暮らしだったので、そろそろモーテルに泊まりたいよ。。。
テントも悪くありませんが、やっぱりベッドの安心感も恋しい頃。
モーテルならシャワーも浴びれるし。


しかし、そんな気持ちとは裏腹に、容赦ない向かい風。。。
大荷物+上り坂+体の痛み+向かい風、勘弁してよ~。

数日前、南下していたときも向かい風だったじゃん!
北上するときは追い風のはずじゃん!
約束が違う!
(だれも約束してません)

「もう、風!」と、風に対して切れてしまった私。

と、後ろから優しい声で「風に切れちゃダメだよ」とオットの声。
わかってるんだけどさ。
約束が違うんだもん。
(だから、誰も約束してないって)


半ベソでペダルをこぐ。
しばらくして、ようやく坂の頂上に到着。

ここからは、なだらかな下り坂!
町までは20mile(32km)、急げば日暮れまでに町に着けるかも!

UT-95 (K)

6時までに○mileまで行けなかったら野宿しよう。

7時までに○mileまで行けたら町までがんばろう。

オットと励ましあいながら、出せる限りのスピードを出して走る。
(私の心の中では、モーテルに泊まると決めていましたが)


10年ほど前、オットは同じ道で、同じように焦りながら走っていたそうです。
そして、町まで行けずに途中で野宿したそうです。

「あの辺りにテントを張ったんだよ」
懐かしみながら走るオット。

こんな広大な自然の中、1人で走っていたんだね。
まるで、1人っきりのカウボーイのようだわ。


いよいよ日も暮れてきた午後7時すぎ、遠くに町が見えてきました!

UT-95 (K)

やった~!
町だ~!
モーテルだ~!
シャワーだ~♪

午後7時25分、無事、Hanksvilleに到着!
空室のあるモーテルも見つけ、ほっと一息。
良かった。。。

モーテルの受付は向かい側のグローサリーのレジ。
ついでに買い物をしていると、ある青年に声を掛けられた。

オランダから来たというその青年も、自転車旅行をしているらしい。
アメリカから南米にかけ、3ヶ月かけて旅行する予定なのだそうだ。

実は、今まで走ってきて一度も自転車旅行者を見かけなかった。
この出会いはとっても嬉しい♪

私達の旅はもうすぐ終わりだけど、彼の旅はまだまだ続く。
たった数日走っただけで音を上げてしまった私は、まだまだ修行が足りないなぁ。。。


モーテルの部屋に入り、シャワーを浴び、お待ちかねの夕ごはん♪

Dinner (C)Dinner (K)

ほうれん草とチーズのカレー、野菜ジュース、コーラ、ビール。
オットは足りないといって、缶詰のうなぎでうなぎ丼。
(ご飯は外に出て炊きました)

無事に着いたことを祝って乾杯!
Trader Joe'sのレトルトカレーはどれも本格的で美味しい。
缶詰のうなぎは。。。
オススメはしません、はい。

Hanksvilleまで来たら、多分明日には車に戻れる。
自転車生活も終わりだなぁ。


さて、今日の記録です。
今日はオットがGARMIN担当。

走行距離   67.81mile(108.4km)
走行時間   8時間29分50秒   
合計標高差  4402ft(1364m)
平均心拍数  108bpm
平均時速   8.0mph
消費カロリー 4107kcal

今日はけっこう上ったんだなぁ。
でも、ゴールが見えてきた分、精神的にはラクに走れました。


それにしても、無事に水をもらえて良かった。
地図が間違えているなんて、想像もしないからなぁ。
まぁ、めったにないことなのだろうけど。

自転車旅行経験の多いオットですが、こうしてヘルプを求めたのは初めてだそうです。
親切な方が止まってくれて、本当にラッキーでした。


久々のベッドでぬくぬくと就寝。
トイレが近くにあることに感謝。

明日で自転車旅行も終わりかなぁ。
あと一日、がんばろう!


8日目、水の大切さを実感して終了。


Scorpion (C)Ferry (C)Lake Pawell (C)Bullfrog (C)Ferry (K)Bullfrog (K)Bullfrog (K)Glen Canyon School (C)UT-276 (K)UT-276 (K)UT-276 (K)UT-276 (K)UT-276 (K)UT-276 (K)UT-276 (K)UT-276 (C)UT-276 (K)UT-276 (K)UT-95 (K)UT-95 (K)UT-95 (K)Hanksville (C)
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-19 23:29 | 2008 Utah

ユタ合宿、8日目。「ついに。。。」

9月26日、金曜日。

朝6時30分起床。
朝ごはんはエナジーバー。

実は、昨夜、ちょっとした作戦会議が開かれた。
まだ予定の行程の半分も来ていないけれど、あまりの疲労感。
この先のルートを変更しようかどうしようか。

今からなら、そのまま車を置いてあるGreen Riverまで自走で戻る道がある。
(といっても、戻るまでに3日はかかるけど)

さぁ、どうするか。

私としては、どうにか予定通り走りたい。
予定を変えてしまったら、何となく負けた気がする。

オットは私に選択を任せると言う。


で、結局予定通り走ろうと言うことになりました。
走っている時は辛いけど、走り終えると達成感から痛みを忘れてしまいましてね。

ということで、今日のルートです。

Map
Google Mapsより

Natural Bridges National Monumentを観光した後、Lake Powell(パウエル湖)のフェリー乗り場Halls Crossingまで走り、フェリーに乗って対岸のBullfrogへ。

フェリー乗り場までの距離が約68mile(109km)。
距離は長めですが、湖に向かって下っていくので、それほど大変ではないはず。


出発準備をしていると、キャンプ場をシェアしてくださったご夫婦も出発するところ。
おじいさまに、「よい旅をするのだよ」と励まされ、握手をしてお別れ。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。


さて、まずはキャンプ場に荷物を置いたまま、自転車でNatural Bridges観光です。
一方通行の道約10mile(16km)をぐるっと一周します。
急なアップダウンが多いですが、荷物がないのでだいぶラク。

Natural Bridgesは、名前の通り自然にできた橋。
川の侵食によりできた地形です。
現在、川の姿は跡形もありません。

Natural Bridges National Monument (C)

見えますかね~。
写真の中心あたり、ぽっかりと穴が開いています。
お見事!

Natural Bridges National Monument (C)

こちらも写真の中心あたりに大きく穴が開いています。
本当に橋みたい!
でも、写真では素晴らしさが伝わらず残念。。。

走っている間、このような絶景が続きます。


2時間ほど走ってキャンプ場に戻り、荷物を積んで再出発。
公園の入り口までは4mile(6.4km)ほど上り坂。

その後、UT-95号線を8mile(13km)ほど走る。
ここは微妙な下り坂。

UT-95 (K)


さて、UT-276号線との分岐に着きました。
このままUT-95を走れば、Green River方向。
旅を続けるのであれば、ここでUT-276へ左折します。

行くと決めたからには行きますよ!
今日は下りメインだから、ここで休めば明日からも大丈夫でしょう。


覚悟を決めて、道を左折。

でも、お腹がすいたのですぐにお昼ごはん。

UT-276 (C)

エネルギーバーのオンパレード。
真ん中2つを半分個して食べ、残りはポケットに入れて走りながら食べます。

だって、時間がないんだもの。

今日は午後4時フェリーに乗らなくてはいけない。
これが最終便なので、乗り遅れたら明日の朝の便になってしまいます。
明日を楽にするためにも、今日なんとしてでもフェリーに乗らなくては!

ここからフェリー乗り場までは47mile(75km)。
2500feet(775m)ほど下ります。
途中、急な上り坂があるので、そこだけは気合をいれなくては。

よし、今日は下りを楽しむぞ。
午後4時までに着くには、平均時速15mile(24km)は出さないとね。

がんばって走るぞ~!

UT-276 (K)

って、あれ?
意外と上り坂が多くない?

そう、今までと同じで、ただ下るだけではなく、上っては下り、上っては下りの繰り返し。
気付けば、だんだんと標高が下がっている、という感じ。

しかも、悲しいことに、今日も向かい風。。。
そして、長~く単調な道。。。
勘弁してよ。。。

それでも、フェリーの時間を気にしてひたすら走る。

広い。
広すぎる。。。
景色が変わらない。。。

UT-276 (K)

下り坂のはずなのに、こいでもこいでもスピードが上がらない。
時速15mileどころか、10mile出すのもやっと。。。


そして、ようやく気付いた。

47mile(75km)で2500feet(775m)下るって、実は、ほぼ平地のようなもの。
下りを楽しむどころか、下ってることにも気付きません。
むしろ、向かい風のせいで上っているように感じてしまいます。

UT-276を走り始めて1時間、すでに計算が合わなくなってきた。
まずい、このままのスピードではフェリーに間に合わない!

気持ちばかりが焦り、がむしゃらにペダルを回す。

どうしよう。
こんなに頑張っても、スピードが上がらない。
どうしよう。。。



プツッ。



何か切れる音がしました。

もうダメだ。
走れない。。。

これ以上、頑張れない。。。


そして、目の前の景色がにじみます。

だめ!
泣いちゃだめ!
今回は泣かないって決めたんだから!

。。。


負けました。
ついに涙を流してしまいました。

目標の1つ、「泣かないこと」、達成ならず。。。

一度流れ始めた涙は止まることを知りません。


走る気力をなくし、減速して前へ進む。
しばらくして、日影を見つけたオットに追いつきました。

涙でぐしょぐしょの顔でオットに近付く。

「今日はフェリーは無理。。。明日にしよう。。。」

そう言いながらオットの顔を見ると、オットの様子も何だかおかしい。
相当バテている顔をしている。

「とにかく、日影で休もう。」

そう言われて自転車を隅に置き、2人で木の影に座り込む。
私も疲労でバテバテですが、オットは暑さでバテバテの様子。

わたし「これ以上がんばれないよ。でも、予定通り走るしかないよね。」
オット「いや、フェリーを渡ってから、そのままGreen Riverへ帰る道がある。」
わたし「じゃぁ、帰ろう。」

もう限界でした。
今日で自転車生活6日目ですが、当初の予定は自転車12日間。
あと倍走るなんて無理です。

わたし「ゴールまでいけなくてごめんね。」
オット「いや、帰ろうって言うのを待ってた。」

オットも相当疲れがたまっているみたい。
じゃぁ、帰りましょう。


気持ちが落ち着いたところで、のんびり出発。
フェリーに乗らないと決めたら、あとはマイペースに走るのみ。
今日中にフェリー乗り場のある町、Halls Crossingに着けば大丈夫。

なんだか気が抜けて、逆に景色を楽しみながら走る余裕が出てきました。

UT-276 (K)

しばらくは平地ですが、前方に見えるMesaの右脇を越えるため、坂道に入ります。

UT-276 (K)

UT-276 (K)

思った以上に急な上り坂の連続。
暑さもあって、途中で何度も休憩。

頂上へ行くまでに1時間以上。。。
4時のフェリーなんて、最初から無理な話だったのね。。。

ヘトヘトだけど、あと2〜3日頑張ればいいと思うと気持ちはラク。


途中、オットが道路沿いにこんなものを発見。

UT-276 (C)

Cliff-dwelllingといって、崖の下の日陰にあるネイティブ・アメリカンが住んだ住居です。

特に看板などがあったわけではなかったのですが、明らかに人が石を積み重ねて作ったと思われる、窓枠などが見えるので、間違いなさそうです。

ここでどうやって暮らしていたのかなぁ。
水はどうやって確保していたのかなぁ。

そんなことを考えながら、前へ進みます。

すごい景色だなぁ。

UT-276 (K)

UT-276 (K)

湖はどこだ~。

UT-276 (K)

走ること数時間、ようやくHalls Crossingの町に入りました。

Halls Crossing (K)

湖が見えた~♪

Halls Crossing (K)

Halls Crossing (K)

Lake Powell(パウエル湖)、コロラド川をせき止めて作ったダムによりできた、アメリカで2番目に大きな人工湖です。

このとき、すでに午後6時過ぎ。。。
はい、まったくの計算違いでした。。。

とりあえず、到着してよかった~。


今日も出発して以来お店はありませんでした。
この町にお店があることは調査済み。
お水とビールを買うんだ♪


さっそく建物に近付いてみると、、、

午後6時閉店。

時計を見ると、6時10分。

どうしよう~。
ビールはともかく、お水だけは確保したい!
(本音を言うと、お水はともかく、ビールを。。。)

中を覗くと、店員さんがお金の精算をしています。

で、声を掛けてみました。

で、水、ビール、コーラ、野菜ジュースをゲット♪
試してみるものですね。
あきらめてはいけません。


安心して、キャンプ場へ向かう。
このキャンプ場は半分くらい空いていました。
良かった~。

さっそく場所を確保し、テントを張ります。

Halls Crossing (C)

最高の眺めです♪
夕日に照らされる湖、絵になります。


今夜の夕ごはん。

Halls Crossing (C)

棒ラーメン、ビール、コーラ、野菜ジュース。
これでは足りなかったので、オートミールリゾットを追加。

この景色で食べるごはん、最高です♪
ビールが美味しい!


そしてそして、このキャンプ場はシャワー付き♪
お湯の出がすごく良くて、嬉しい限りです。
久々のシャワーに、心も体も生き返ります。


さて、今日の記録です。
今日は私がGARMIN担当。

走行距離   68.18mile(109km)
走行時間   6時間59分53秒   
合計標高差  2112ft(654m)
平均心拍数  106bpm
平均時速   9.1mph
消費カロリー 2462kcal

これでも、いつもよりは平均時速は早かったんだなぁ。
この平均心拍数の低さが疲労をあらわしている気がします。


今日、いったい何に負けたのか。
なぜ涙がこぼれたのか。

いまだによくわかりません。
自分に負け、アメリカの広さに負け、不甲斐無さに涙したのでしょうか。

自転車旅行のたびに涙している私。
今回こそは、泣きたくなかったんだけどなぁ。。。
体は素直です。


明日からは帰宅方向。
上手く行けば2日、かかっても3日で車に戻ります。

張り詰めていたものが解けて、少し気持ちが楽になりました。
やっぱり、無理してたんだなぁ。
ここまで頑張っただけでも、自分を褒めてあげなくちゃ。

ルートは変わってしまうけど、せっかくだから最後まで景色を楽しもう。


8日目、自分の限界を知って終了。


US-275 (C)US-95 (K)UT-276 (C)UT-276 (K)UT-276 (K)UT-276 (C)UT-276 (K)UT-276 (K)UT-276 (K)Halls Crossing (C)Halls Crossing (C)Halls Crossing (C)Halls Crossing (C)
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-15 21:10 | 2008 Utah

ユタ合宿、7日目。「本当の難関とは。。。」

9月25日、木曜日。

朝6時30分起床。
朝焼けの中、朝ごはん。

Goosenecks State Park (C)

Goosenecks State Park (C)

キャロットブレッド(450kcal)とチーズブレッド(640)kcalを半分ずつ、それとコーヒー。
朝から超高カロリー食。しかも激甘。。。

でも、今日はしっかりエネルギーをとって気合を入れなくてはいけない!
朝一で、この旅のハイライト、難関の坂が待っているのです。


午前8時出発。
2泊したGoosenecks State Parkとも、これでお別れです。

Goosenecks State Park (C) Goosenecks State Park (C)


今日のコースはこちら。

Map
Google Maps より

Goosenecks State Parkから、Natural Bridges National Monumentまで。
距離は約42mile(67km)と短めなので、Natural Bridges観光もするつもり。


出発後、数マイル走ると、目の前に広大なMesa(メサ)が広がります。

UT-261 (C)

オット「今からあれを上るんだよ」
わたし「あれって?」

あれです。
そのMesaを上るのです。

壁にしか見えないんですけど。。。


旅行前に標高差を調べているとき、地図に気になる九十九折がありました。
すごい山なんだろうなぁと思ったら、壁でしたか。

ちなみに、こんな九十九折。

Map
Google Maps より

この先何が起こるのか、先に進めるのか。
とりあえず、緊張しながら前へ進む。

近そうに見えて、意外と遠い。
向かい風に阻まれ、1時間経ってもふもとに着かない。

あまりの私の遅さに見かねたオット、私の寝袋を奪い取って自分の自転車にくくり付ける。
最初は「自分の寝床は自分で運ぶ」と意地を張っていた私だけど、急坂を前にひるんでしまい、オットの好意に甘えることにしました。


いったいこの壁のどこに道があるのだろう。。。

こんな看板とか、

UT-261 (K)
(4マイル先、サイズオーバー、重量オーバーの車両通行禁止)

こんな看板とか、

UT-261 (C)
(1マイル先、傾斜度10%、制限速度時速5mile(8km)、道幅狭く未舗装)

こんな看板まであるし。

UT-261 (K)
(大型トラック、バス、牽引車にはオススメしません)


ようやくふもとに到着!
坂の名前はMoki Dugway(モキ・ダグウェイ)。

Moki Dugway (C)

標高差は1000feet(310m)、距離は約3mile(4.8km)、。
距離はそれほど長くないけど、何しろ傾斜度が10%、しかも未舗装。。。
ふもとに着いても、まだ道がよく見えません。

絶景好きにはたまらない坂だそうで、観光客の車がたくさん通ります。


仕方がない!行くしかない!
半分、どうにでもなれ、というような気持ちで出発。

Moki Dugway (K)

やっぱり傾斜がきつい!
ぐらぐら不安定な自転車を支えながら、必死でこぎ続ける。
こんな急坂、止まったら走り出せませんから。

路面は砂地だったり砂利道だったり。
砂の深みにはまるとハンドルをとられてしまうので、場所を選びながら進む。

うんせうんせ上っていると、追い越していく車に「がんばって~!」と声を掛けられる。

そして、写真を撮られる。。。

気付いただけでも10人には写真を撮られました。
やっぱり、おかしいですか?私たち。


今や、私の倍ほどの荷物を運んでいるオット。
これでようやく同じようなスピード。
感謝いたします。

Moki Dugway (C)

半分くらい走ったあたりから、妙に興奮しはじめる。
ナチュラル・ハイな状態、無我夢中で上る。

集中しすぎて、足やお尻の痛みも感じません。
ふらふらのろのろ、ですが、とにかく上り続けます。

Moki Dugway (K)

車が通ると、すごい砂ぼこり!
できる限り止まるけれど、止まれないときは息を止めて上り、苦しくなって息切れ。。。

Moki Dugway (K)

Moki Dugway (K)

だいぶ上ってきたぞ!
あと一息!

Moki Dugway (C)

頂上近くのView Pointからは、今朝走った道を一望。

     Moki Dugway (C)

ついにゴール!!!

Moki Dugway (K)

今回の旅で、最も恐れいていた急坂、無事に制覇いたしました!

で、一応記念撮影。

Moki Dugway (C) Moki Dugway (C)

ふ~、がんばったぁ!
この達成感のために走っているのよね。

すれ違う車、追い越す車、みんなに「私は自転車で上ったんだぞ~」と言うかのように、胸を張ってみたりして。(相当、自意識過剰)
うれしくてうれしくて、しばらくはハイな状態が続きます。


Mesaの上は、赤土の砂漠!

UT-261 (C)

かと思ったら、意外にも一面緑色でした。

休憩したいけど、日影がないので走っている方が涼しい。
走ったままお昼ご飯です。

UT-261 (K)

ここからはほぼ平地かと思ったら、小さなアップダウンの連続。。。
これを、30mile(48km)走り続けます。


UT-261 (C)


しばらく走った後、ようやく日影を見つけて休憩。
疲れた心と体に非常食を。

UT-261 (C) UT-261 (C)

Cheetosとようかん。

汗をかいて塩分の抜けた体に、Cheetosの塩辛さが嬉しい。
このCheetos、4日前にMoabで買い、一日5本くらいずつ食べた癒しのスナック。
エネルギーバーは甘いものばかりなので、この塩辛さが貴重でした。

そして、ようかん。
友人から、ようかんは疲れた心と体を癒してくれると聞いたので持参。
懐かしい日本の味に、少し元気が出ました。


時間もないので、すぐに出発。
またひたすら走るのみ。

UT-261 (C)


この単調な道を30mile(48km)。。。


。。。


これが、相当辛かった。
本当に辛かった。


数時間、まっすぐ走るだけなのです。
家もお店も何もないのです。
景色も変わらないのです。
小さなアップダウンなんて、達成感もないのです。

もちろん、景色はすばらしいのですが、あまりに単調な道。。。
急坂では忘れていた、足、肩、お尻の痛みと、ついつい対話。

自転車生活5日目、本気で体が疲労しています。

右太ももの裏が、ピキ~ンと張って、肉離れをおこしそうなくらい痛い。
左肩には、小さな剣山を押し付けられているかのように激痛が走る。
お尻は、サドルに座っていられないほど痛む。

実は、2~3日前からこの状態がずっと続いています。
マッサージをしても何をしても治らない。

こういう、何もない場所を走っていると、つい痛みを意識してしまう。
照りつける太陽の暑さにもクラクラ。
走っても走ってもなかなか距離が進まず、完全に自分との戦い。


そう、今気付きました。

自転車旅行の難関、それは急坂ではなく、単調な道なのだと。

短めのアップダウンが続く、景色の単調な長い道のり。
体力的にも精神的にも良くないです。

急坂は、辛かった分達成感もある。
単調な道も、小さなアップダウンで体に負担がかかっているのに、比例する達成感はない。

上手く説明できないけど、とにかく辛いのです。


以前、オットが「坂道よりも単調な道がキツイ」と言っていた。
前はその気持ちがわからなかったけど、ようやくわかりました。
わかってしまいました。。。


アメリカは広い。
広すぎる。

ユタを走っていて、一番感じたのが、この限りない広さです。
「もう、わかったから」と何者かに訴えかける。


それでも、前に進むしかありません。
ここで負けるわけにはいきませんから。

オットと話をしたり、どうにか気を紛らわせながら走り続けます。


単調な道を走ること約5時間、ようやく目的地が見えてきました。
Natural Bridges National Monumentに到着!

Natural Bridges National Monument (C)

長かった。。。
もう着かないかと思った。。。

元気だったらNatural Bridgesの観光をしようと思ったけれど、こんなに疲れていたら無理。
今日は、ここにあるキャンプ場に泊まる予定。
とにかく、テントを張って落ち着こう。


Visitor Centerで入園料のようなものを払う。
そして、キャンプ場の場所を聞いてみたところ、

「残念ながら、キャンプ場はもう満員です」

だとさ。


え~!!!

私たち、どうすればいいの。。。


ここにはキャンプ場は1つしかなく、野宿も禁止。
「4mile(6.4km)くらい戻ったところにキャンプできるスペースがある。」
とは言われたけど、そこまではずっと上り坂。
もう走る気力はありません。。。

「ここまで行けばMotelがある。」
と渡された地図は、30mile(48km)以上離れた町。
お話になりません。


途方に暮れるとはこのこと。
こんなに頑張って、泊まる場所がないなんて。。。


そして、オットが立ち上がった。
「キャンプ場へ行って、シェアしてくれる人を探そう。」

キャンプ場の中はそれぞれのキャンパーの敷地が区分けされています。
キャンピングカーの人などテントを張らない人は、場所を提供してくれるかもしれない。
オットも今まで試したことはないらしいけど、とにかく行ってみよう。


ここのキャンプ場は20組くらいが泊まれるようになっています。
中へ入り、自転車を押しながら、とりあえず様子を見てまわる。


ここは家族が多そうだから無理かなぁ。
あの人はちょっと怖そうだから声を掛けられないなぁ。

そろそろ歩いていると、椅子に座ってくつろいでいた老夫婦から"Hello!"と声を掛けられた。
目が合ったから挨拶してくれただけなのだろうけど、ひょっとして、と思い、話をしてみる。

「キャンプ場が一杯で、他に泊まる場所がないんです。テント1つと自転車2台だけなんですが、スペースを分けてもらえませんか。」

すると、おじいさまから、
「どうぞどうぞ。この後ろのスペースのどこでも使ってくれ。」
とのお返事!

助かった~。
いい人で良かった~。

ほ~っ、と一安心。
肩の力がドッと抜けるのがわかりました。

「ありがとうござます!」
と何度も言いながら自転車を押し、キャンピングカーの裏側へ。

さっそくテントを張らせていただきました。

Natural Bridges National Monument (C)

おっと忘れてた。
キャンプ場代を払わなくては。

キャンプ場代は10ドル。
ご夫婦にお金を差し出すと、
「いらない、いらない!自分たちは老年代のパスがあるから半額で泊まれるんだ。どうせ場所が余っているんだから、お金なんていらないよ。」
と、頑なに受け取っていただけませんでした。

本当に、なんていい方々なんでしょう。
スペースをシェアしてくださっただけでもありがたいのに。
感謝してもしきれません!


ご好意に甘えることにして、夕飯の準備にとりかかる。
今日はろくにお昼ご飯も食べていないので、お腹がペコペコです。

取り出したるは、オット愛用の飯ごう。
そしてレトルトカレー。

Natural Bridges National Monument (C)

飯ごうのご飯は、オットの唯一の得意料理。
本当に美味しく炊いてくれます。
今回、荷物になるから飯ごうは置いていこうかという話になったのですが、「飯ごうのご飯で元気がでるのなら」と、オットが頑張って持ち運んでくれたのです。

Natural Bridges National Monument (C)

炊き立てのご飯と、Trader Joe'sのナスカレー。
美味しくて美味しくて、心が芯から癒されました。

残りご飯は、お茶漬けにして。
2人で2合、ぺろりと平らげました。
満腹で幸せ~。


と、おじいさまが近付いてきました。
「ここにはチャージがかかるのを忘れていたよ。君たちの写真を撮らせてくれないか。」

どうぞ、どうぞ。
こんな汚い姿で良ければ。

はにかんだ顔でパチリ。

「ありがとう、ゆっくり休むんだよ。」
とおじいさん。

本当に、いい方にめぐり合えて良かった~。


さて、今日の記録です。
今日はオットがGARMIN担当。

走行距離   42.91(67.3km)
走行時間   5時間35分41秒   
合計標高差  3617ft(1121m)
平均心拍数  113bpm
平均時速   7.7mph
消費カロリー 2748kcal

距離は今までで一番短いのに、この疲労感。
だいぶ疲れがたまってきてるなぁ。
まぁ、朝一で急坂を上ってるしね。

ちなみに、朝出発してから夕方到着するまで、家もお店も見ていません。
Visitor Centorも観光案内のみ。
唯一、飲料水だけ確保できました。(水飲み場から)


へとへとに疲れて、午後9時に就寝。

Moki Dugway突破に喜んだり、単調な道に苦しんだり、素敵な出会いで感動したり。。。
喜怒哀楽に富んだ一日でした。


7日目、奇跡的に寝床を確保して終了。


Goosenecks State Park (C)UT-261 (C)Moki Dugway (K)Moki Dugway (K)Moki Dugway (C)UT-261 (C)Natural Bridges National Monument (C)
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-12 23:38 | 2008 Utah

ユタ合宿、6日目。「命の洗濯?」

9月24日、水曜日。

午前6時30分、起床。
美しい景色の中、100mほど離れたトイレまで散歩。

朝ごはんはオートミール茶漬け(たらこ味)。

Goosenecks State Park (C)

友人のオススメで挑戦。これも美味しい!
昨夜のオートミールリゾットに続き、こちらもオットが美味しいと食べてくれました。
これでオートミール克服でしょう♪

Goosenecksを見ながら朝ごはん。

Goosenecks State Park (C)

オットのパンク修理の後、午前8時30分に出発。

今日のコースです。

Map
Google Maps より

Goosenecks State ParkからMexican Hatという町を通り、Monument Valleyへ。
そして、同じ道を引き返し、Goosenecks State Parkへ戻ってきます。
距離は往復で約60mile(96キロ)。
あと少しでアリゾナ州だったことに、後から気付いた私。。。

今夜も同じ場所に泊まるので、テントはそのまま置いて行きます。
つまり、荷物も置いておけるのだ♪

最小限の荷物と、帰りに買い物をすることを考えてサイドバッグは付けて出発。

と、5分ほど走ったところでオットが忘れ物に気付き、引き返す。
私は走るのが遅いので、そのまま走り続けます。
「Mexican Hatの最初のガソリンスタンドで待ち合わせよう」ということで。

朝からかなりのアップダウン。
しかも急坂。

帰りもこの道を戻るのかぁ。。。


こちらが、町の名前の由来にもなっているMexican Hatという名の岩。

Mexican Hat (C)

なるほど、上の部分がメキシカン・ハットを逆さまにした形をしています。
よく落ちないなぁ。

メキシカン・ハットという言葉で、橋幸夫さんの「メキシカン・ロック」が頭に流れる。
メキシカン・ロック〜、ゴ〜ゴ〜、ゴ〜ゴ〜♪

うきうき口ずさんでいるうちに、Mexican Hatの町に着く。
ここも小さな町。

Mexican Hat (C)

だんだんと、これが普通の町と思うようになってきました。


最初のガソリンスタンド、最初のガソリンスタンド。。。

って、ガソリンスタンドは1つしかありませんよ。


売店の前に自転車をとめると、通る人みんなにじろじろ見られました。
たしかに、女性1人で旅しているように見えますよね。

すぐにオットも到着。
「Mexican Hatの上に人がいなかった?」という言葉に、写真を確認すると、

Mexican Hat (C)

本当だ〜!
いったいどうやって登ったんだろう。。。


さて、恒例、2回目の朝ごはん。

Mexican Hat (C)

コーンドック(=アメリカンドック)、コーヒー、写真にはないけど、ピーカンナッツショートブレッドとスタバの瓶コーヒーも。

帰りに買う食料を確認したあと、水を買い足し、タイヤに空気を入れる。

そしてもう一つ、どうしても行きたいお店があるのだけど。。。
「この町にはなさそうだね」
ということで、とりあえず出発。

町に沿って流れるこの川がSan Juan River。
Goosenecksの地形を作っている川です。

US-163 (C)

Mexican Hatから、今日の目的地までは約23mile(37km)。
ひたすら走るのみ。

Monument Valleyを目指すのだ!

US-163 (C)

行きは上りがメイン。
そうは言っても、アップダウンが続きます。
ということは、帰りは下りだけ、というわけにはいかないのね。(ちょっと弱気)

すでに見えているMonument Valley。
走っても走ってもなかなか近づかない。。。

     US-163 (C)

地形の呼び名ですが、塔の形のものをTower(タワー)、台形のような形のものをButte(ビュット)、Butteの上の部分がもっと広くどこまでも続くような地形をMesa(メサ)と呼びます。
上の写真にあるのがTowerとButte。

右から2番目のButteの右脇を超え、裏側にまわったあたりが今日の目的地。
遠いなぁ。。。

でも、時々微妙な追い風が!
うれしい〜♪
上り坂も、何となく楽に感じます。

でも、やっぱり向かい風も吹く。
そんな時は、オットが風よけをしてくれるので、後ろにぴったりくっついて走る。

今までも向かい風の時はオットが「風よけする?」と聞いてくれたけど、荷物が多いとペースをあわせられないので断っていました。
(そして、私がオットの風よけになる)
でも、今日は荷物が少ないから大丈夫。


昨日も触れましたが、この一帯はNavajo Indian Reservation=ナバホ・インディアン居留地(自治区)と呼ばれています。

この居留区というのは、条約によってアメリカ政府が元々の住民たちに自治権を認めた自治区のことで、、税金や経済政策の面で優遇策がとられています。
(詳しくはWikipediaをご参照ください)

Mexican Hatを離れてから、お店らしいお店はまったくないのですが、"Navajo Indian Homemade Jewel Shop"(ナバホインディアン宝飾店)という出店だけはちらほら見られました。

US-163 (C)

商売っ気がないですね。。。
現在、居留区では貧困が問題になっているそうです。
皆さん、どうやって生活しているのだろう、と要らぬ心配をしてしまいました。

民芸品には興味があるので、「帰りに何か買って帰ろう」と、とりあえず走り続けます。


ようやくMonument Valleyが近づいてきました。

US-163 (K)

遠くから見てもかっこいいけど、近くで見るとさらにかっこいい!

Butteの横の急坂を必死にのぼります。

US-163 (C)

ようやく裏側へ降りてきました~。
この辺りが今日の目的地です。
(下の写真にあるのがMesa)

US-163 (C)

さて、ここからVisitor Centorへ行くべきか、それともレストランを探すべきか。

と、ある看板が目に入る。

わ~い!
Gouldingsという町に、今日どうしても行きたかったお店があるらしいぞ!
Mexican Hatになかったから、どうしようかと思ったんだ~。

まずはそこへ行きましょう。
食事もできるみたいだし。

で、着きました。

Gouldings (C)


何のお店かと言うと、

     Gouldings (C)

コインランドリー♪

たまった洗濯物を持って、Monument Valleyまで来てしまいました。
今回のタイトルの「命の洗濯」は、本当に命を掛けた洗濯だったのです。
もちろん、景色で心も洗われましたが。

ランドリーには、地元の皆様が大量の洗濯物をかかえて来ていました。
この辺りでは、水が通っていない家も多いのでしょう。


洗濯している間に、軽食店でお昼ごはん。

Gouldings (C) Gouldings (C)

手作りコーンブレッド、ブリトー(オットはチキン、私はベジタブル)、コーラ。
オットは足りないと言ってピザを追加。
今日も元気にジャンクフード♪
ブリトーのグリル野菜が美味しかった~。

洗濯物をしていたら、うっかり1時間半も休憩してしまいました。
もう午後3時。
日暮れまでに我が家(テント)へ帰らなくては!

Visitor Centorへ行く予定でしたが、景色は充分堪能したのでそのまま帰ることに。

これでは、洗濯をするためにMonument Valleyへ来たようなもの。
アメリカで一番贅沢な洗濯です。


さあ、同じ道を引き返しましょう。

日に照らされるMonument Valley、やっぱりかっこいいなぁ。

US-163 (K)

たっぷり休憩したはずなのに、やっぱり足が重い。。。
急ぎたいのに、上り坂は足が痛い。
それでも走らなくっちゃ~。

あ、そうだ、民芸品を買おうと思っていたんだった。

行き道、かわいい女の子が手を振ってくれた、あのお店に行こう。

Navajo Indian Store (C)

ここで、石やビーズで作られたネックレスとブレスレットを購入。

2歳の看板娘、写真を撮ってもいいかと聞いたら、こころよく撮らせてくださいました。

Navajo Indian Store (C)


さぁ、家路を急ぎます。

US-163 (K)

US-163 (K)

Mexican Hatへ到着し、水と食料を買い足し。

そして、オットはガソリン補給。

Mexican Hat (K)

Extra Largeサイズ、1.3リットルのコーラ。。。

あっという間に飲み干しておりました。。。


この巨大カップと残りの氷のおかげで、買ったビールを冷えたまま持ち帰ることに成功♪
コーラもたまには役に立つのだね。


夕日に照らされるMexican Hat。

Mexican Hat (C)

いいね~♪


でも、早く帰らないとね。

US-163 (K)

UT-261 (C)

最後のアップダウンのつらいことったら。。。

走っている間に日が落ち、我が家に戻ったときにはもう午後7時半。
走れるぎりぎりの暗さの中ゴール。


あわてて夕飯の準備です。

Goosenecks State Park (C) Goosenecks State Park (C)

棒ラーメン(博多とんこつ味)とビール。
棒ラーメンはキャンプの必需品!簡単だし美味しい♪
具は乾燥ワカメとオニオンチップだけだけど、この素朴な味が最高。

冷えたビールを2人で1本。
ビールを飲もうと上を見上げると、見えるのは満天の星空。

生きてるんだなぁ。
しみじみ実感。

目をつぶると、Monument Valleyの赤い景色がまぶたに写ります。。。


さて、今日の記録です。
今日は私がGARMIN担当。

走行距離   62.15mile(99.4km)   
走行時間   7時間27分00秒   
合計標高差  4003ft(1240m)
平均心拍数  120bpm
平均時速   8.3mph
消費カロリー 2751kcal

ちょうどセンチュリーライドと同じくらいですね。
距離といい、標高差といい。

荷物が少なめだったから少しは楽だったけど、それでもやっぱり足がつらい。。。
お尻も相当痛かったし。。。


明日は、難関の坂が待っています。
よく寝ておかないとね。


6日目、感動のまま終了。


Goosenecks State Park (C)Goosenecks State Park (C)Goosenecks State Park (C)Mexican Hat (C)Mexican Hat (K)Mexican Hat (C)US-163 (C)US-163 (C)Gouldings (C)Gouldings (C)Monument Valley High School (C)School Buses (C)Mexican Hat (C)Mexican Hat (C)
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-09 23:49 | 2008 Utah

ユタ合宿、5日目。「インディアン自治区へ」

この場を借りて、今回使用したカメラについて少しふれておきます。

今回持って行ったカメラは2つ。
Canon G9(今年購入)とKONICA MINOLTA DIMAGE Xg(4年前に購入)。

性能を考えるとG9の方が良いのですが、主に使用したのはDIMAGEの方。
と言うのも、G9は何しろ大きい。ポケットには入りません。

なので、自転車に乗っている間は、主にDIMAGEを使用。
こちらはオットが担当し、自転車を漕ぎながらパチパチ撮影してくれました。
ゆえに、私が自転車に乗っている写真が多くなっております。(恥)
片手運転なので、水平になっていない写真は、ご愛嬌ということで。

G9は私が担当。
自転車のハンドルに付けたバッグに入れ、撮りたくなったら止まって取り出して撮影。
時々、自転車を漕ぎながら取り出して撮影し、オットにおこられました。
「アメリカは医療費が高いから無茶するな」と。

写真をクリックするとFlickr!に飛びますが、タイトルの(K)はKONICA MINOLTA、(C)はCanonを表しています。参考まで。

比べると、やはりG9の方が色鮮やかだったり、至近距離の撮影に強かったり、もろもろの利点がありますが、DIMAGEもかなり頑張ってくれたように思います。
G9の性能を生かし切れてないという話もありますがね。。。

実際、私は走ることで精一杯。
たくさん良い写真を撮ってくれたオットに感謝。

US-163 (C)


*******


9月23日、火曜日。


2人とも死んだように眠り、朝7時、軽やかに起床。
朝ごはんは、SUBWAYの残り、ハーフサイズのサンドイッチを2人で半分個。

午前8時、モーテルを出発。
朝は肌寒いので、ウィンドブレーカーを着て走り出します。

今日のコース。

Map
Google Maps より

MonticelloからBlanding、Bluffという町を通り、Goosenecks State Parkへ。
距離にして、70mile(112km)以上。
センチュリーライド以上ですわ。。。

まぁ、今日は合計標高差が少なめの予定なので、大丈夫でしょう。
下りがメインのはずだし。

Monticelloは小さな町。
そして、ちょっと走ると、すぐに何もなくなります。

US-191 (K)

建物だけでなく、雲すらない。
朝って気持ちいい~♪

US-191 (K)

昨日あんなに辛い思いをしたのに、翌朝には忘れてしまいます。
この性格、損なのか、得なのか。。。

あらら、下りメインのはずが、いきなり上りですよ。

US-191 (K)

昨日の急坂の連続に比べれば、大したことありません。

雄大な景色を、

US-191 (K)


眺めながら、

US-191 (K)

走ること2時間。
20mileほど走ったところで、次の町Blandingが見えてきました。

Blanding (K)

「お腹すいた~。何食べる?何食べる?」
欠食児童ならぬ、欠食夫婦です。。。

お昼ごはんは次の町で食べようと言うことで、とりあえず2回目の朝ごはん

Blanding (C)

ガソリンスタンドの売店にて、ホットドック、チョコレートケーキ、ペプシを購入。
チョコレートケーキは激甘のため私は1口のみ。甘党のオットは嬉しそうに食べてました。
ペプシはオットのガソリンです。

ガソリンスタンドの車用の空気入れで自転車に空気を入れて出発。
マウンテンバイクはこれができるから便利です。

Monticello以降は車もぐっと減り、だいぶ走りやすい。

本当に広いなぁ。
広すぎるなぁ。。。

US-191 (K)

走っても走っても、景色はしばらく一緒。

US-191 (K)

走ること、さらに2時間。
素敵な雰囲気に切り通しが見えてきました。

かっこいい景色!

Bluff (C)

そしてこのサイン。
"REDUCED SPEED AHEAD"
(この先、減速規定あり)

待ってました。
このサインが出ると、町が近いということです♪

Bluffの町に着くと、最初に待っていたのがこの子達。
Navajo Twin Rocks(ナバホ・ツインロック)。

Navajo Twin Rocks (C)

こけしみたいでかわいいね~。

Navajo(ナバホ)というのは、この辺りに住むネイティブインディアン、ナバホ族のことです。
Bluffから南はNavajo Indian Reservation(ナバホインディアン自治区)。
ユタ、アリゾナ、ニューメキシコ、コロラドの4つの州をまたがっており、この区域ではナバホインディアンの法律で統制されていて、警察も権限がありません。
この先、たびたびNavajoという言葉が出てきます。

Bluffもとっても小さな町。
信号もなく、小さなモーテルやお店がちらほらと。

さてさて、お待ちかねのランチタイム♪

10数年前にオットがこの町に来た時の話を、度々聞いたことがあります。
お昼ごはんを食べようとある食堂へ入ると、ドアを開けるなり皆にじろじろ見られた。
食べている間もずっと視線を感じ続けたと。
アジア人が珍しいのか、自転車で旅する人が珍しいのか。。。

「あの食堂、この辺りだったと思うんだけどなぁ。」
古くて小汚い食堂だったと言いながら、思い出そうとキョロキョロ走るオット。

「ここだ。」

San Juan River Restaurant

San Juan River Kitchen (K)

あらまぁ、ずいぶんかわいらしいレストランじゃないですか。
印象と違うんですけど。

どうやら、改装したようですね。

San Juan River Kitchen (K)

"Good Food"というからには、美味しいものがあるに違いない!
入ってみましょう。

中に入ると、オープンキッチンのある、素敵なダイナーでした。
レストランって久しぶり~。
実際、旅行を始めてから初めてチップを払ったお店だったりします。

欠食夫婦の元に届いたお料理がこちら。

オットはチーズバーガーと野菜スープ。

San Juan River Kitchen (C)
(手ブレですみません)

私は本日のスペシャルからブリトー(ポーク)。
スイカもついてきたけど、あまり好きではないのでオットにプレゼント。

San Juan River Kitchen (C)

美味しくって、ガツガツ食べてしまいました。
結局ジャンキーですが、素材が新鮮だったので良しとしましょう。
野菜もいっぱい食べられたし。

ボトルに水を入れてもらい、さっそく出発。
おっと、その前に日焼け止めを塗りなおさなくては。

と、お手洗いで鏡を見てびっくり!

逆パンダ~~~~!!!

サングラスの部分をくっきり残し、真っ赤に日焼けしてますよ。
恥ずかし~。。。

こまめに日焼け止めを塗りなおしているつもりだけど、もっと塗らないとダメなのね。
というより、どれだけ塗ってもどうしようもない紫外線量なのかも。。。

腕と足はカバーをつけているけど、顔はカバーできないもんなぁ。
一番守りたいところなのに。。。

わたし「シミになったらエステでシミ取りしていい?」
オット「いいよ」
わたし「じゃぁ、旅を続けよう」

オットよ、シミ取りっていくらかかるかわかっているのかね。


さぁ、安心して旅を続けましょう。

US-191 (K)

道路の分岐点。

Bye-bye US-191 (K)

自転車生活1日目に高速道路を走り終えてから、3日間走り続けたUS-191号線。
ここでお別れです。
たくさんの思い出をありがとう。


ここからは、また上り坂も増えはじめます。
午前中は低い草木も多かったけど、岩肌が目立つようになりました。

US-163 (K)

US-163 (K)

うんせ、うんせ。。。

US-163 (K)

どこまで続くんですか~。

US-163 (K)


後ろから写真を撮られたのに、

US-163 (K)

すぐに追い越されて、前から撮られ。。。

US-163 (K)

その余裕、私も欲しい。


急坂をいくつか超えたところで、遠くに見えてきました~!
有名なMonument Valley(モニュメント・バレー)です。

US-163 (C)

感動!!!
素敵だね~!
まだ遠いけど。

Monument Valleyは、明日観光する予定。
とりあえず、今日はその手前が目的地です。

今日も日暮れまでに目的地につかなくては。

US-163 (K)

やっぱり、100km超えは長いなぁ。
お尻もかなり痛くなってきました。

早く着きたかったら、早く走るしかないのよね。。。


たまにはオットの後姿も。

US-163 (C)


こんな岩が、

US-163 (K)

ユタらしくていいね~。

US-163 (C)

この辺りになると、視界が赤い!
赤土、赤い岩、本当にかっこいいです。

US-163 (K)


だんだんと日も陰ってきました。
今日は日暮れまでに着くぞ~。

UT-261 (K)


オット「あさって、あの山を登るんだよ」

UT-261 (K)

うっ。
思わず息が止まりました。

聞かなかったことにしよう。
明日は明日の風が吹く。


さぁ、ここまで来たら、あと少し。
がんばるぞ~!

と思ったら、ものすごく急なアップダウンの繰り返し。
最後にこれですか~。

しかも、2つめの坂を上っている途中、オットのタイヤがパンク!

「ゆっくり空気が抜けてるから、ダッシュで目的地まで行く」
そう言って、あっという間に見えなくなっていきました。

あんなに早く走れるんだねぇ。
ずっと私のペースに合わせてくれてたんだねぇ。

私もラストスパートをかけたいところだけど、このアップダウンがどこまで続くかわからないので、余力を少し残しながらできるだけ急ぐ。

しばらく行くと、オットがタイヤに空気を入れていました。
やっぱり持たなかったんだね。

最後の坂の頂上。
やった~!ゴールが見えぞ~!
(のガッツポーズ)

UT-316 (K)

見えてきた今日のゴール。
Goosenecks State Park

UT-316 (K)


オット、ガッツポーズでゴール。

UT-316 (C)


あまりに喜びながらゴールしたので、周りの人にじろじろ見られました。
ええ、車だったらこの感動はないでしょう。
自転車だから得られる感動なのです。


そして、さらなる感動が!

Goosenecks State Park (C)

Goosenecks State Park (C)

圧巻。

すご~い!

本当にGooseneck(がちょうの首)だ~。

San Juan Riverの侵食によりできたというこの地形。
予想以上にダイナミックな景色に、ただただ感動。
夕日に間に合って良かった~。


でも、ここで大声ではしゃいではいけません。
皆さん、こうして静か~に夕日を見つめています。

Goosenecks State Park (C)


しばらく感動に浸ったあとは、今日の寝床作りです。

ここはキャンプOKの州立公園。
トイレもちゃんとあります。
水は出ませんが。


最高の景色を前に、テントを張ります。

Our Home (C)

遠くにMonument Valleyも見えますよ♪


夕飯を作っていたら、あっという間に真っ暗。
今日は余裕を持って到着できて良かったね。

ということで、今日の夕ごはん。

オートミール入りキノコリゾット。

Dinner (C)

暗くてよくわかりませんね。。。

オートミールが苦手なオットと、オートミールが大好きな私。
オートミールは栄養もあるし繊維もたっぷりだし、その上とても軽いし、この旅行にピッタリ!
オットが食べられるようにするにはどうしたらいいのだろうと考えた、苦肉の策。

ドライマッシュルーム・ミックス(ポルチーニ、シイタケなど)、牛乳(真空パック)、オニオンチップ、塩コショウとオートミールを煮て、リゾット風にしてみました。

これが美味しい!いける!
オットも「美味しいじゃん」と言いながら、たくさん食べてくれました。
良かったぁ。

お腹がいっぱいで幸せなり。


空を見上げると、まぶしいくらいの星、そして天の川。
星が近くに感じられ、手が届きそう。

あ!流れ星!

空が広いので、流れ星も数秒間かけて流れてくれて、願い事も間に合いました♪


さてさて、今日の記録です。
今日はオットがGARMIN担当。

走行距離   72.05mile(115km)   
走行時間   7時間22分14秒   
合計標高差  2702ft(810m)
平均心拍数  118bpm
平均時速   9.8mph
消費カロリー 3696kcal

やっぱり長かったなぁ。よく走ったわ。
でも、合計標高差が少ない分、昨日よりは楽に感じたような。

距離が長い分、消費カロリーも多いけど、今日はごはんもしっかり食べたから元気でした。


外は真っ暗。
明日にそなえ、9時半に就寝。


5日目、昨日よりは余裕で終了。

その他の写真はこちら
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-07 23:07 | 2008 Utah

ユタ合宿、4日目。「1個のリンゴに救われる」

9月22日、月曜日。

朝5時30分に起床し、出発準備。

朝ごはん、昨日スーパーで買っておいたドーナッツ2個(オット用)、オニオンパン(私用)、イチゴ、Pluot(プラムの仲間)。

ようやくたどりついたMoabですが、どこにも寄らずすぐに出発。
最後に車でもう一度観光に訪れる予定なので。


こちらが今日のコース。

GARMIN
Google Maps より

迷いようがないほど、ひたすらまっすぐ南下。
目指すのは、54mile(86km)ほど先のMonticelloという町です。

今日は上りがメイン。
標高4020feet(1206m)のMoabから7050feet(2115m)のMonticelloへ。
合計標高差は4000feet(1200m)以上ある予定なので、ちょっと気合が入ります。
(わかる方だけわかって下さい)


朝7時すぎ、さっそく出発。
どんより曇り空。

US-191 (C)

と、さっそくすごい向かい風!
またですか~!

結局、この日も午前中は強い向かい風、午後もそれなりの向かい風が続いたのでした。
本当に参りました。。。

そうは言っても、進まねばならぬ。
ただでさえ荷物で不安定な自転車が風にあおられないよう、手に力を入れて走り続けます。

昨日買ったサドルはいい感じ。
一度痛くなったお尻はしばらく治らないけど、昨日よりはずっとましになりました。
1日目に交換できて良かった~。

遠くに見えるこの山、名前はLa Sal Mountain。

US-191 (K)

まずは、この横に位置するLa Sal Junction(22mile先)を目指そう。

1時間も走ると、空は晴れてきました。

US-191 (K)

切り立つ岩の間を、ひたすら上り続けます。

US-191 (K)

度々せまる急坂も、ギアを一番低くして走り抜ける。

オット「この坂を一気に上るなんてすごいじゃん」
わたし「途中で止まったら、バランスが悪くて漕ぎ出せないよ」

坂に集中していたら、あっという間に11時すぎ。
小腹がすいたところで、ちょうどお店が見えてきました。

HALL N"THE ROCK (C)

Hole n"the Rock。
その名の通り、岩をくりぬいて作ったギャラリーです。
ちなみに、Moabを出発して4時間、初めて見たお店だったりします。

グローサリーで、軽食を購入。

HALL N"THE ROCK (C)

レンジでチンするブリトー。
これが一番エネルギーになりそうだったので。

さて、レストエリアで見かけたこの子。
ユタでは至るところで目にします。

Kokopelli (C)

この子の名前はKokopelli(ココペリ)
北米大陸南西部で発見される、ネイティブインディアンの岩絵 (ペトログリフ)のひとつです。
ココペリが笛を吹くと、幸せをもたらすとか、実りがあるとか、色々な説があります。
ネイティブインディアンにとって、幸せの象徴として愛されたようです。

日本の我が家には、オットが昔ユタで買った数々のココペリグッズ(自転車に乗るココペリの置物とか)があったのですが、どうやら、日本の実家に預けてきてしまったようで。気に入ってたのになぁ。。。


さぁ、先を急ぐので、ゆっくりもしていられません。
また、上り坂の開始です。

US-191 (K)

地形もダイナミック。

US-191 (K)

US-191 (C)


朝見えたLa Sal Mountainの横に来ました。

La Sal Mountain (K)

午後1時、La Sal Junctionに到着。
ここまでで、ようやく予定の距離の5分の2くらい。
とりあえず、建物の影で休憩をしよう。

La Sal Junction (C)

って、影がない~。
ええ、太陽は真上にありますから。

お店も何もありません。
仕方なく、照りつける太陽の下、しばし休憩。
持っていたリンゴ、イチゴ、バナナを食べる。

走ってる方が涼しくない?
ということで、すぐに出発。

しばらく走ると、素敵な岩が近付いてきました。

Wilson Arch (C)

Wilson Arch(ウィルソン・アーチ)です。
開拓者Joe Wilsonさんにちなんで名づけられたそうな。

Wilson Arch (C)

おお、いいねぇ♪
ユタっぽいねぇ♪

記念撮影をして出発。
ちょっと走ると、近くに分譲住宅のようなものが売りに出されていました。
老後の別荘にでもしましょうかね。

いや~、広いね~。

US-191 (K)

あ!日影発見!

US-191 (K)

岩陰に隠れてちょっと休憩。

でも、時間が押してきたのですぐに出発。
日暮れまでに目的地に到着しなくては。

道路沿いにどっしり構えていた岩、名前はChurch Rock(チャーチ・ロック)
言われてみれば、教会に見えるような。(見えないような)

Church Rock (K)

吹き続ける向かい風に苦しみながら、さらに進みます。
エナジーバーをかじりつつ。

このころ、だんだん疲れもピークに達してきました。

お尻も痛い、肩も痛い、体もだるい。
でも、ここからの後半戦に、急坂がどっさり待ち構えてますよ。。。

仕方がない。
行くしかない。

La Sal Mountainを背に、夢中で坂を上ります。

US-191 (K)

疲れた~。
ちょっと寝ていい?

US-191 (K)
(ガードレールの影に隠れているつもり)

息を整えて、さらに上ります。

US-191 (K)

「次のガードレールまでがんばるよ!」とオットと自分に言い聞かせながら上る。

苦しい。。。
ちょっとやばいかも。。。
足が動かない。。。

で、

US-191 (K)

本気でやばい。
くらくらしてきた。

オット「お腹すいてない?」
わたし「すいてない。むしろ気持ちが悪い。」

でも、ゆっくりしている時間もない。
日暮れが迫っていて、オットは焦るばかり。

この辺りは街灯もないので、自転車のライトだけ走るのは危険なのです。
オットに引っ張り起こされ、「手で押してもいいから進んで」と頼まれる。

重い自転車で急坂、手で押す方がつらい。
仕方なく、自転車にまたがり、とりあえずこいでみる。

オット「お願い、いそいで」
わたし「鬼~!」


やばい、意識がもうろうとしてきた。

。。。。。。。


実は、この辺りから、私の記憶は数分間飛んでいます。
走った景色、オットの言葉、ほとんど覚えていません。

倒れる前に、自分で止まる力だけは残しておこうと思ったこと。
覚えているのはそのくらい。


「ごめん。止まる。」

で、

US-191 (K)

これはエネルギー切れだと判断したオット。

オット「何でもいいから食べろ」
わたし「気持ち悪いよ」
オット「それがエネルギー切れの証拠だって」

そう言われても、エナジーバーを食べるような気分ではない。
甘ったるくて余計に気持ち悪くなりそう。

どうしよう。
何かあったっけ。

そうだ、リンゴが1個残ってた。
リンゴなら食べられるかも。

「急いで」とせかされながら、夢中でリンゴを頬張る。
本当だ。ちょっと元気が出てきた。

すでに夜7時すぎ、Monticelloまではあともう少し。
とにかく到着しなくては。

残りのリンゴをかじりつつ、必死で走り続ける。
オット「もう1段、ギアをあげられない?」
わたし「鬼~!」

US-191 (K)

とうとう周りが暗くなってきた。
たしかに、自転車のライトだけでは道もよく見えない。


と、町の明かりが見えてきた!
やった~。もうすぐだ~。

最後の力を振り絞り、ようやく到着。
午後8時。まわりは真っ暗です。

適当に格安モーテルを見つけ、宿泊地も確保。
良かった~。

オットはすぐに夕飯を買いにSUBWAYへ走る。
もう限界の私は部屋で待機。
さっきの「鬼」という言葉は訂正します。

夕飯を前にしても、気持ちが悪くて食欲もない私は、そのまま1時間爆睡。
この間、オットはチェーンの油差しなど、自転車のメンテナンスをしてくれたらしい。
さっきの「鬼」という言葉は撤回します。

厳しいことを言いながらも、そばでずっと励ましてくれてありがとう。
私より重い荷物で、自分も相当疲れていただろうに。。。


1時間後に起こされた私、元気満々、食欲満点。
完全復活です。

Monticello (C)

ビール片手にSUBWAYのサンドイッチ。
ぷは~!
とっても美味しくいただきました。

ちなみに、オットはホールサイズ(通常はハーフが一食分)のミートボールサンドを、全部食べていました。


ということで、今日の記録。
今日は私がGARMIN担当。

走行距離   53.83mile(86km)   
走行時間   8時間57分31秒   
合計標高差  4270ft(1281m)
平均心拍数  133bpm
平均時速   6.0mph
消費カロリー 2893kcal

9時間近く走ってたんだね~。
疲れるはずよね~。

そういえば、この辛さ、去年の「大間、マグロなんてどうでもいい事件」と同じだ。
あの時も疲れとエネルギー切れで気持ち悪くなって、マグロを逃したんだった。

今回はそれなりに食べていたつもりだったけど、消費カロリーに追いつかなかったようです。
本当に危ないところだった。
明日からは気をつけよう。


不思議なのは、オット。
ほぼ同じようなものを食べているのに、なぜ彼は平気だったのだろう。

違いといえば、朝のドーナッツ2個分。
この違いかなぁ。


4日目、どうにかこうにか終了。

ちなみに今日、泣いてはいませんよ。


US-191HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)HOLE N"THE ROCK (C)US-191 (K)US-191 (C)Over size (K)La Sal Junction (K)US-191 (K)Wilson Arch (C)US-191 (K)US-191 (K)School Bus (K)School Bus (K)US-191 (K)Church Rock (K)Church Rock (K)US-191 (K)
(風景写真以外は、Hole n"the Rock内の写真です)
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-05 19:47 | 2008 Utah

ユタ合宿、3日目。「予感的中」

自転車日記の前に、少々前置きをば。

ユタ州、私は初めての訪れましたが、オットにとっては4回目。(すべて自転車旅行)
特にMoabという町のマウンテンバイク・トレイルがお気に入り。
オットにとって、とても思い入れの深い場所です。
今回のルートも、ほとんどが以前に走ったことのある道。
心強いガイドです。

今回の予定は、Green Riverを出発して南西に向かい、St.Georgeが自転車ゴール地点。
そこからはバスかレンタカーでGreen Riverへ戻り、Moab観光をして帰る予定です。

Map
Google Mapsより
(アルファベットは経由地であり、宿泊地ではありません)

今回の旅行はキャンプメインなので、テントや寝袋などキャンプ道具一式も持参。
これだけの荷物を積んで走るのは久々です。

今回の自転車と荷物を合わせた重さ、オット35キロ、私30キロ。
走るときは、これに水が加わります。
そして、途中から私が積んでいた食料はオットの荷物に移ります。

いつもは、適当にルートだけ決めて走っている私たちですが、今回は綿密に調査。
何を調査したかというと、距離、各地点の標高、1日の標高差合計など。
すべて、Google Mapsで検索。Google Mapsさまさまです。

標高差次第で、1日に走れる距離も変わるし、GARMINでその場の標高も分かるので、あとどのくらい登るか分かるとペース配分もできます。

ちなみに、観光名所についての調査は一切していません。
なんとなく、事前に写真でイメージを作りたくなかったので。
オットのガイド付きだし。

あとは気合だけ準備し、自転車生活突入です!


*******


9月21日、日曜日。

いよいよ自転車生活開始の朝。

朝ごはんは、昨夜の残りのトマトソースを薄めたトマトスープ。
そして、Cliff Bar(エナジーバー)とプラム。

カラオケルームように薄暗かったモーテルを出発。

Motel in Green River (C)

昨夜、暗がりの中車を止めに行ったので、怪しげなところがないかもう一度確認しておこう。

Green River (K)

怪しさ満点だけど、ハンドルにロックをかけたし大丈夫でしょう。
私たちが戻ってくるまで、いい子で待っているのですよ。
ちなみにこのGreen River駅、1日2本しか電車が来ません。

午前8時、Green Riverを出発。

さてさて、本日のコースです。
今日は、Green RiverからMoabに向かって走ります。

Map

距離は50マイル(80キロ)くらい。
実は、当初Moabから出発する予定だったので、Green RiverからMoabまでの距離は標高差は調査していませんでした。(綿密な調査のはずでは。。。)

今日は山もなく平地メインだというので、まぁ、難なく行けるでしょ。

まずはI-70と平行に走っている旧道を走ります。

Green River (K)

広~い景色の中走るのは気持ちがいい!
メンテナンスされていないので舗装はガタガタだけど、車は一切通らないので走りやすい。


旧道は途中で終了。
ここからは、私にとって人生初の、高速道路自転車走行です。
アメリカでは、他に道のない場所では自転車もフリーウェイを走るのです。

I-70 (K)

制限速度75マイル(120キロ)のフリーウェイ。
車がビュンビュン通り抜ける横を、1区間分走ります。

I-70 (K)

さすがフリーウェイ、舗装が良くて走りやすい。
大型トラックが多いので気は抜けないけど、意外と快適な走行でした。

Crescent Junctionでフリーウェイを降ります。

午前11時、ちょっと早いけど空地でお昼ごはん。
Pro Barとリンゴ。

Lunch (C)

Pro BarもCliff Barのようなエナジーバー。
ココア・ピスタチオなんて素敵な響きだし、パッケージも美味しそう♪
今回、一番期待していたエナジーバー。

ところがどっこい、食べみたら、不味い!
何やら洗剤のような味がして、私は一口で断念。
(好きな方がいたらごめんなさい)

オットも「まずいね~」と言いつつ完食してくれました。
食べないと後が持ちませんから。


ここからはUS-191(国道)を南に向かいます。
30マイル(48キロ)、ひたすら南下。

制限速度65マイル(104キロ)の側道を走るわけですが、道幅がせまく、車も多く、舗装も悪く、フリーウェイよりずっと走りづらい。

US-191 (K)
(写真は2車線だけど、ほとんどの場所が1車線)

極めつけは、風!
思いっきり南風、つまり、向かい風。。。

平地でも、上り坂のように重い。
下り坂のはずなのに、ペダルを回さないと進まない。

昨日の強風で嫌な予感はしていたのよね。
とほほ。。。


しばらく走ると、だんだんお尻が痛くなってきた。
走り続けるうちに、サドルに座っていられないほど痛くなってしまいました。

今回、旅行の直前にサドルを買い換えたのが失敗。
こぎやすいけど、長時間走るには固すぎたようです。
最初に走った旧道のガタガタ道も響いたみたい。
初日からこんなでどうしよう。。。

幸い、今日の目的地Moabはマウンテンバイクのメッカと呼ばれている町。
自転車屋さんもたくさんあるので、そこで買い換えよう。
それまでは、サドルにタオルを巻いてクッションをつくり、ひたすら耐えるしかない。


容赦なく照りつける太陽の下、走ること数時間。
休憩しようにも、お店どころか日影もありません。

ようやく見つけた小さな飛行場。
ちょっと休憩さえてもらおう。

と、飛行場方向へ曲がろうと思ったところでオットが気付いた。
「あれ、パンクしてない?」

あらあら、私の自転車の後輪がパンクし、空気が抜け始めてますよ。
私、自転車暦6年にして初めてのパンクです。

ちょうど飛行場について良かった~。
太陽の下でパンク修理はつらいからね。

と言っても、修理するのはオットですが。
パッチで穴をふさぐ方法、覚えてないし。
(どこまでも頼りっきり)

Airport (C)

まるで町の郵便局かと思うような小さな飛行場。
お客さんは誰もいない。係員も見えない。売店も閉まってる。
でもクーラーが効いていてラッキー♪

さっそくパンク修理開始。
パンクの犯人は針金でした。
オットが器用にパンク修理する横で、自販機で買ったDorritos(スナック)を食べる私。
もちろん、オットの口にも運びながら応援。

無事にパンク修理完了。
相変わらずの向かい風の中、再び走り始めます。

1時間ほど走ったところで、ガソリンスタンド発見!
併設の売店でコーラとアイスを購入して小休止。
ほてった体に、コーラとアイスが染み渡る。
美味しい~♪幸せ~♪

Shell (C)

この売店から、遠くにArches National Parkが見えます。
旅行の最後、車に戻ってから観光で訪れる予定の場所。
無事にたどり着けますように。

Arches National Park (C)


Moabまではあと少し。
風にも負けず、お尻の痛さにも負けず、とにかく走り続けます。

US-191 (K)

景色もいい感じになってきましたよ~。

US-191 (K)

やったぁ、着いたぁ!

Moab (K)

PICT0100.JPG

オット、8年ぶりのMoabです。

さっそくサドルを買いに自転車屋さんへ。
以前、オットが行ったというお店でジェル入りのサドルを購入。
これで少しは楽になるといいなぁ。

このお店、どうしても名前が気に入らない。

Moab (C)

毒グモ。
ゾクゾク。。。

実は、昔からオットが愛用している帽子にクモの絵が描いてあって、見るたびに嫌な気持ちになっていたのだけど、良く見ると。。。

Moab (C)

このお店で買った帽子だったのね。
今すぐ捨ててしまいなさい。


さて、次は宿泊地の確保。
自転車屋の店員さんにおすすめされたキャンプ場が空いていたので、ここに決定。

Moab (C)

Moab (C)

シャワーもあるし、トイレも水洗だし、なかなか快適なキャンプ場です。

走り終えたら、風はほぼおさまりました。
人生、そんなものです。


今夜の夕飯、SUBWAYのサンドイッチと、スーパーで買ったフルーツ。
これまた、アメリカに来て初SUBWAYです。

Moab (C)
(手ぶれ。ゆるして。)

オットはターキーブレスト&ハム(白パン)、私はターキブレスト(全粒粉パン)。

なぜSUBWAYにしたかというと、どうしても生タマネギを食べたかったのです。
暑さでドロドロになった血をサラサラにしたいという、体の声が聞こえたので。
おかげで生き返った気分でした。

そういえば、以前、インドでは熱中症予防のために生タマネギを持ち歩いて時々かじっているという話を聞いたけど、真相はどうなのだろう。
今度、友人に聞いてみよう。


今日の記録。
今日はオットがGARMIN担当。
(充電の関係で、毎日交代で装着)

走行距離   52.72mile(84.3km)   
走行時間   6時間17分36秒   
合計標高差  1718ft(515m)
平均心拍数  115bpm
平均時速   8.4mph
消費カロリー 2816kcal

平均心拍数を見ると、ロードバイクの時よりかなり低めです。
筋肉の疲れの方が先で、心拍数はなかなか上がりません。
この標高差でこの平均時速。。。
向かい風のせいということにしておこう。

最近気付いたのですが、GARMIN、心拍数はカロリーに反映されていないようです。
なので、向かい風のときは単にのんびり走っているとしか認識されていない様子。
今日は向かい風だったので、消費カロリーはもっと多そう。(希望的観測)
ただし、性別・身長・総重量の違いから、私はオットより20%ほど消費カロリーが少ないはず。


初日からどっと疲れて、夜9時には就寝。
明日は山登りが待ってるので、よく休まなくては。
どうか、風がやみますように。。。

3日目、なんとか終了。


Melon (C)Green River (K)I-70 (K)Airport (K)Airport (K)Airport (K)Airport (K)Shell (C)Shell (C)South Wind (C)US-191 (C)US-191 (K)US-191 (K)Moab (K)Moab (C)
(画像をクリックすると大きくなります)
[PR]
by ayumin_moo | 2008-10-04 21:08 | 2008 Utah