趣味は料理・旅行・MTBなど。どうぞよろしくお願いします♪(渡米以前のブログはhttp://d.hatena.ne.jp/axyxuxmxi/へ。)


by ayumin_moo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
手続きあれこれ
Cooking
Bread
Sweets
Food
Wine
Restaurant
Shopping
Gardening
Tahitian&Hula
Traveling
Bicycle
Hobby
レシピメモ
English
ひとりごと
Sobuko日記
2008 Utah
2009 India
2010 LA etc.
そぶ子へ
そぶ太郎へ
未分類

以前の記事

2015年 05月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 08月
2012年 01月
2011年 12月
more...

お気に入りブログ

そして今日も途方にくれる
Mau-ly Life ...
pinkteddy_we...
きまぐれ主婦生活考
shina_poohな日...
泡あわわ
シリコンバレー自転車生活

最新のトラックバック

Crown & Crum..
from ふらふらサンふらンシスコ
他人のふんどしで相撲をとる
from ふらふらサンふらンシスコ
No.495 3回目のア..
from shina_poohな日々@..

タグ

(9)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

年末に初ナパ。そして、その夜。。。

日本は年が明けましたね。
でも、こちらはまだ12月31日です。
みかんを食べながら、ブログを書いてます。

この年末年始、オットの弟くん(といっても私と同い年)が日本から遊びに来てくれています。
私たちが頼んだ物や、ご両親からの預かり物など、山のような荷物を抱えて。
おかげで、日本の保湿クリーム(16個!)や実家で使っていなかったという加湿器も入手。
しばらく、これらでかゆみ対策をしてみたいと思います。
どうもありがとうございました!

*******

昨日30日、ワイン好きの弟君を案内すべく、初めてナパ・バレーへ行って来ました。
ナパはカリフォルニアワインを代表する生産地で、渡米以来ずっと行きたかった場所。
私たちだけでは案内するに心もとないので、ワイン通そしてナパ通のshinaさん夫婦にガイドをお願いしました。年末の忙しいところ、本当にありがとね!

ナパへは北方向へ車で2時間ちょっと。
観光を兼ね、行きはゴールデンゲートブリッジ(Golden Gate Bridge)を通るルートで。
見事な快晴!サンフランシスコを一望!
PICT0284

こちらは、旧連邦刑務所のアルカトラズ島。(現在は観光名所)
潮流のため脱獄不可能の島と呼ばれ、凶悪犯が収容されていたそうな。
ここでは働きたくない。。。
PICT0281


さて、今回訪れたワイナリーは、サン・クレメント・ワイナリー(St.Clement)とロバート・モンダヴィ・ワイナリー(Robert Mondavi)。
ロバート・モンダヴィ・ワイナリーのツアーは人気があるため予約した方がいいということで、最初にツアーの予約だけしてサン・クレメントへ向かいました。

・サン・クレメント・ワイナリー(St.Clement Winery)・・・テイスティングのみ

ナパバレーの中心を走る道路沿いに、こじんまりした白い建物が見えてくる。
PICT0300

サン・クレメントは日本のサッポロ・ビールが資本買収した時期があり(今はオーストラリアの会社が買収したらしい)、“Sapporo”を逆さまにした“Orroppas”というワインがある。
shinaさん夫婦が以前Oroppasuを飲んで美味しかったということで、訪問してみることに。

今回、私は白・赤の両方を試飲できるテイスティングメニュー(10ドル)を選択。本当は赤好き(というか、白は買った事がない)なのだけど、初めてということで両方試してみました。
そのメニューはこちら。(値段は1本あたり)
・2006 Bale Lane Sauvignon Blanc(白) $20.00
・2006 Napa Valley Carneros Chardonnay(白) $19.00
・2003 Napa Valley Merlot(赤) $28.00
・2004 Napa Valley Cabernet Sauvignon(赤) $36.00
・2005 Oroppas(赤) $55.00

そもそも私、ワイナリーはフランスのシャンパンのワイナリー以外に行ったことがない。
同じワイナリーのワインを飲み比べるということ自体が初めて。ドキドキのテイスティング。
PICT0290

まったくの初心者なので、すてきな表現はできないけれど、一応感想を書いておこう。
最初のソーヴィニヨン・ブランは、香りは甘くフルーティーでとっても良かったのだけれど、香りから想像するのとはまるで違った味。はっきり言うと、果実味がしなくて酸味が強く、ちょっと残念。まあ、白は飲みなれてないから偉そうなことは言えないのだけど。。。
2本目のシャルドネは、まあまあだったかな。。。(正直、白はよくわからない)
赤3本を比べると、最後のOrropasが一番好みだった。
ちょっと渋みが強かった気もするけど、味に深みがあった。(やっぱり上手く表現できない)

欲を言えば、全部同じグラスでテイスティングしたので、グラスを交換して欲しかったなぁ。
香りが前のワインと混ざってしまって残念。

と、初めてのクセに辛口なコメントをしてしまいましたが、「美味しい」のは当然ということで、その上を期待しての感想でした。つまり、どれも美味しかったです。(なんのこっちゃ)


・ロバート・モンダヴィ・ワイナリー(Robert Mondavi Winery)・・・テイスティング付きツアーに参加

カリフォルニアワインの父とも言われるロバート・モンダヴィさんは現在94歳!カリフォルニアワインを世界に広めたというモンダヴィさんのワイナリーは、ナパでも一番人気のツアーを実施している。

こちらが有名な門(らしい)。

PICT0309

ツアーは25ドル。1回のツアー客は15人くらいずつ。約75分かけてブドウ畑の見学、醸造過程の説明、テイスティングを行いました。。。悲しいことに、ガイドのお姉さんの英語はほとんど聞き取れず。。。(涙)まあ、なんとなくわかったからいいか、という感じでした。

とりあえず、枯れ果てたブドウ畑の風景。
夏場の昼夜の気温差がブドウの木を強くするんだとか。
PICT0308

PICT0320

こちらは醸造所の樽。(ピンボケだけど、雰囲気だけでも)
フランス産オークの樽を使うことで、ワインの味に奥行きが増したらしい。
PICT0322

へぇ~、そうなんだぁ、と適当に相槌を打っているうちに、お待ちかねのテイスティングタイム♪
今回のメニュー。(値段は1本あたり)
・2003 Sauvignon Blanc, Stags Leap District(白) $23
・2002 Vine Hill Ranch Cabernet Sauvignon(赤) $85
・2006 Mascato d'oro(白・デザートワイン) $25

PICT0334

1本目の白は、香りも良くて味もまあまあ。(やっぱりよくわからない)
2本目の赤は、けっこう美味しかった。香りも華やかでとても良い。詳しいことはわからないけど、フランスワインに近い印象。味はボルドーに似ているけれど(カベルネ・ソーヴィニヨンだから?)、濃度は薄い感じ。アルコールが強いところはカリフォルニアワインならでは。
3本目のデザートワインは、とっても甘~い。味としては美味しいけれど、私、甘いお酒は苦手なもので。。。きっと、オットは好きな味だと思うのだけど、運転手のため飲めず。ごめんよ。。。

ああ、やっぱりどれも上手く表現できない、というか、よくわからなくて悔しい。。。
もっと味の違いをわかるようになりたいものだわ。
今回、初めてカリフォルニアワインのテイスティングを経験し、同じワイナリーの色々なワインを飲み比べる楽しさを知ってしまいました。
またナパや他の地域のワイナリーめぐりをして、自分の好きな味を探していきたいな。
と言っても、オットが下戸なので、あまり行けないとは思いますが。。。

今日はお昼に初IN-N-OUT(人気ファーストフード)、お土産にBOUCHON(レストランはミシュラン1つ星)のベイカリーのパンを買えたので大満足。弟君も楽しんでくれた様子。
shinaさん、ご主人、ガイド、本当にありがとうございました!
そしてオットよ、運転お疲れ様でした。

そして、その日の夜。。。
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-31 20:55 | アメリカ生活

キッシュのレシピ。

いつも作るキッシュ・ロレーヌのレシピです。
レシピって偉そうに言うほど特別なレシピではないのですが、「教えて」という声が多数(3人くらい)聞こえたのでアップします。
印は、特に注意するとよいところです。執務の参考としてください。


P1010190PICT0295


<材料>(直径23cmのタルト型1台分)
・パイ生地1台分
 パイ生地の作り方は、各自お持ちのレシピ本、またはサイトを参照してください。
 なければ冷凍パイシートでもOK。(手作りの方が美味しいですが。。。)
・アパレイユ(卵の生地)
 牛乳        ・・・200cc
 生クリーム    ・・・100cc
  (濃厚なものが好きな方は、牛乳と生クリームを逆の量で。)
 卵         ・・・1個
 卵黄        ・・・2個
 塩         ・・・少々
 こしょう      ・・・少々
 ナツメグ      ・・・少々(必ず入れてください。味がまとまります。)
・具
 ベーコン       ・・・50gくらい(ブロックベーコンだとさらに美味しい。)
 たまねぎ       ・・・1/2個
 ほうれん草      ・・・100gくらい(茹でた状態で。まあ、お好みの量を。)
 グリュエールチーズ・・・50gくらい
 他、ポルチーニ、じゃがいもなど、お好みの具。
・その他
 打ち粉       ・・・適量
 卵液(型に塗る) ・・・適量


<作り方>

1、パイ生地を3㎜ほどの厚さ、タルト型の直径より10cmくらい大きくなるようにのばす。

2、タルト型に生地を置き、生地が破れないように気をつけながら、タルト型に密着させる。
  *タルト型にバターを塗っておくと、あとではずしやすい。

3、生地の余った部分は外側に垂らし、型の上で麺棒をころがして余った生地を切り落とす。
  *焼き縮みが気になる場合は、縁から5㎜くらいのところをはさみで切る。
  *私は、アパレイユの洪水防止も兼ねて、縁飾りをつけたりします。(写真参照。)
PICT0282

4、フォークで生地の表面に穴をあける。

5、クッキングシートを敷いて重しを敷き、余熱した180度のオーブンで25分から焼きする。
  *焼き色がつくくらい。ここで焼きすぎると、具を入れて焼いたときに焦げるので注意。

6、焼けたらシートと重しをはずし、ハケで卵液を型の内側と縁に塗り、さらに5分ほど焼く。
  *重しが熱いので、やけどに注意。

7、具の下ごしらえをする。
  たまねぎをスライス、ベーコンを棒切りにし、塩コショウで軽く炒めて冷ます。
  ほうれん草は茹でるかレンジでチンして3cmくらいに切り、水気を絞る。
  グリュエールチーズはすりおろすか、細かめにスライスしておく。
  ポルチーニを入れる場合は、30分ほど水につけて、水気を絞る。

8、アパレイユを作る。
  ボールに卵、卵黄を溶き、牛乳、生クリームを泡立てないように混ぜ合わせる。
  塩、こしょう、ナツメグを適量加える。(味を見ながら加減する)

9、から焼きしたパイ生地に、具をムラなく敷き詰める。
  *順番は適当。私は下からベーコンとたまねぎ、ほうれん草、チーズの順に入れます。
  *ポルチーニを加える場合は、ベーコンに触れるようにした方が美味しい気がします。

10、アパレイユをあふれないようにそーっと注ぎ入れる。
  *焼くと生地が少し膨らむので、あまりギリギリまで注ぐと焼いている間にあふれます。
    アパレイユがもったいないと思って欲張って注がないように注意。(私だけ?)


11、180度のオーブン(上段)で20~25分ほど焼く。表面に焼き色がつけばOK。

12、あら熱がとれてから、適当な大きさに切ってできあがり。おつかれさまでした。


PICT0151PICT0315


ちなみに、アパレイユが足りないと、後からアパレイユを作って足すのは大変なので、あらかじめ多めに作るか、具を増やすなどすると良いと思います。
経験上、手作りパイ生地の方が焼き縮みしにくいようです。アパレイユや具の量を調節するときに参考にしてください。

これ以外にも美味しいレシピがあると思うので、ご存知の方はぜひ教えてください。
あと、このときはこうすると良い、というアドバイスがありましたらお願いします。

pink、mikinina、後はじゃんけんでよろしく。
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-27 20:35 | Cooking

Happy Holiday♪

今年のクリスマスは、予定通りshinaさん宅でプチ・パーティー♪
前菜とメイン、1品ずつ持ち寄り(独身K君はシャンパン持参)で集まりました。

PICT0299

毎度ながら、美しいテーブルセッティング!
うちでやらなくて良かった。。。

メリークリスマス♪と、シャンパンで乾杯。
さあ、さっそく始めましょう♪

shinaさんの前菜から。
プチ前菜の盛り合わせ
PICT0301
PICT0304

すご~い!かわいい~!もみの木が立ってる~!
食べるのがもったいな~い!!!

でも、もちろん食べちゃいました。
どちらのレストランですか?と言いたくなるくらい完璧な前菜たち。
かわいいだけでなく、1つ1つとても美味しくて感動!!!

真ん中には、やさしく焼かれたホタテが座ってますよ!
サーモンなんて、アメリカ産とスコットランド産、2種類ですよ!
ゴルゴンゾーラチーズにグレープが乗ってますよ!
ブリーにはクランベリーが乗ってますよ!
卵にはアンチョビが乗ってますよ!
カルボナーラが小さく焼かれてますよ!
日本からは黒豚の塩漬けが参加ですよ!
塩味の聞いたゴーダチーズがワインを待ってますよ!

すごすぎる。。。
shinaさん、サイコー♪


前菜って、こうあるべきよね、、、と思いながら、私の大皿料理の前菜へ。
キッシュ・ロレーヌ、ポルチーニ入り~Quiche Lorraine aux Cepes
PICT0295
PICT0315

オットに食べ飽きたと怒られそうな、定番キッシュ。(pink、レシピ待っててね)
日本にいたころ、shinaさんがブログのコメントで「食べたい」と言っていた気がしたので。
あ、冷凍パイシートではなく、ちゃんとパイ生地から焼きましたよ。

今回はいつものほうれん草とベーコンのキッシュにポルチーニ茸(セップ)を入れてみました。
ポルチーニ独特の香りがふわぁ~っとして、キッシュによく合っていた。(と思う)


では、おまちかねのメインへ。
shinaさんはチキン料理。チキンのトマト煮込み
PICT0323

チキンで野菜を巻き、濃厚なトマトソースで煮込んでいる。
にんじんのお星様が、まるでシチューのCMのようでかわいい!

もちろん、お味もとてもおいしい~♪特にオットが気に入っていた様子。
隠し味を聞いたので、私も家でやってみよう。


だいぶお腹も満たされてきたけど、まだうちのメインがありますよ。
カリフォルニア版ブフ・ブルギニョン~Boeuf Bourguignon。(牛肉の赤ワイン煮込み)
PICT0338

お気に入りのSTAUBのお鍋で牛テールとかたまり肉をじっくり5時間煮込みました。
盛り付けた人間(私)のセンスがなくて、お肉のてんこ盛りになってしまった。。。
一応、牛テールが真ん中にあり、回りで牛かたまり肉、マッシュルーム、小たまねぎ、にんじん、芽キャベツが応援しています。

ブフ・ブルギニョンというのはフランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理だそうで、本来はブルゴーニュワインを使います。
でも、こちらではブルゴーニュワインは手に入りにくく、あっても高くて煮込みにはもったいない(ケチ!)ので、今回はカリフォルニアワインで作りました。だから「カリフォルニア版」。せっかくカリフォルニアにいるしね。(言い訳)

ちなみに、使用した赤ワインは1本半!
一応、ブルゴーニュに多い品種のピノ・ノワールを選んで作ってみました。
あと、普通は牛がたまり肉だけを使うようですが、私の好みで牛テールも入れてみました。

お味のほうは、まあ、初めてにしては上出来ではないでしょうか。
牛テールがとろとろ~でグッド!
ちょっと煮込みすぎて、野菜が少し溶けてしまったのが残念。
次に作るときは、仕上げの1時間前に野菜を入れよう。


おまちかねのデザートは、前回のブログのとおり、Chicoさんの手作りケーキ♪
ブッシュ・ド・ノエル~Bûche de Noël
PICT0348

ブッシュ・ド・ノエルなのに、薪の形のままの写真がうまく撮れず。。。(涙)
Chicoさんがせっかく作ってくださったマジパンのサンタもピンボケするという始末。(号泣)
なので、写真はぜひChicoさんご本人のブログで楽しんでください。
(Chicoさん、すみません。。。)

お味は、言うまでもなく、と~っても美味しい♪
チョコ生クリームという、私の大好きな組み合わせ。
Chicoさんは「失敗しちゃったの~」なんて言っていたけど、素人には全然わからない。(笑)
クリームは甘さ控えめで、中に入っているイチゴの酸味がちょうど良かったなぁ。
本当に美味しかったです!


おまけで、私が作った食後のクッキー。
ペカンボール~Pecan Balls。(スノーボールなどの異名を持つ)
PICT0294

今回、ワインをshinaさん家が出してくださるということだったので、そのお礼に。
以前、shinaさんがペカンボールが好きだと言っていたのを思い出して。
いつもはアーモンドプードルを使うのですが、今回は諸事情(下記参照)により手に入らず。
なので、アーモンドをミルで挽いて作りました。
挽き立てだけに、いつもより美味しくできた気がします♪


開けてくださったワインは2種類、ZinfandelとPino Noir。
実は、最初Zinfandelを開けてくれたのに、私がピノで煮込んだ料理を出したばっかりに「ワインを合わせた方がいい」と言ってピノまで開けてくれました。
ありがと~!どちらもとっても美味しかったです。


こんな料理やワインを前に、気の置けない仲間たちでのんびりワイワイ。
去年の今頃、まさか翌年のクリスマスをアメリカで過ごすとは思ってなかったなぁ。
気づけば、渡米以来ハローウィン、サンクスギビング、クリスマスといつもshinaさん夫婦と過ごしている。いつもお世話になりっぱなし。
たくさんの情報を分け与えてくれるshinaさんには、本当に感謝です。

楽しい時間はあっという間にすぎ、気づけば夜の11時すぎ。
shinaさん、どうもごちそうさまでした。
あ、K君も、ヴーヴ・クリコ、ごちそうさまでした。

遅れましたが、世界中にメリークリスマス♪


*******

悲しい諸事情。
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-26 11:18 | アメリカ生活

夢って叶うのね。。。

明日はクリスマス♪
1ヶ月以上前から町中クリスマスモードのため、もうサンタの姿も見飽きた感がありますが、確実に、明日がクリスマスです。

日本では24日にお祝いしますが、アメリカでは25日にお祝いします。
私たちも、明日友人shinaさん宅で料理持ち寄りの小さなクリスマスパーティーを催す予定。
楽しみだな。るん♪

ちなみに、25日は国の祝日のため、会社もお休み。そして、ほとんどのお店も閉まるらしいです。スーパーさえどこもお休みなので、今日のスーパーは明日の準備の人たちが大奮闘しておりました。


*******

さて、数日前、shinaさんからとあるメールが。
「24日、ちょっと付き合って欲しいところがあるんだけど。」

何か買物かなぁ、ワインでも買いに行くのかな、なんぞ思って、行き先も聞かずにOK。

そして今日、shinaさんの車に乗ると、いそいそとカーナビを設定し始めました。
ん?この周辺の地図は頭に入っているはず。そんな遠くに行くの?

「どこへ行くの?」と聞いても、「わくわくドライブ♪」と言うだけで教えてくれない。
まあ、それも面白そうなので、問い詰めずに出発。

Freewayを南に向かい、サンノゼを過ぎ。。。
標識にLos Gatosと見えたとき、「ひょっとして、まさかね。。。」と思いつつ、目的地に到着。
場所は閑静な住宅街。
むむむ?
やっぱり、ひょっとして。。。

車を降り、ようやくshinaさんが教えてくれました。
「明日用のクリスマスケーキ、Chicoさんが作ってくれたから取りに来たの。」

やっぱり!!!
憧れのパティシエ、Chicoさんのおうちではないですか!
ええ、先日のブログでもふれた、あのChicoさんです。
ベイスポ(ベイエリアの日本語情報誌)にも掲載された、あのChicoさんです。
いつもブログを拝見していて、会いたがっていた私を、shinaさんがサプライズ企画で連れて来てくれたのでした。
shinaさん、やるぅ~!

って、でも、どうしよ~。
まさか、お会いできるなんて思ってないから、心の準備が。。。
おまけに、きっと買物だろうと思ってたから、化粧もしてないし、ろくな服も着ていない。。。

緊張しながらも、どんな方かなぁ、と思いながらご自宅の戸をたたく。
出ていらしたのは、小柄で元気いっぱいのChicoさん!
本物だ~!

実は、ブログの雰囲気から物静かな方を想像していたのだけど、実際お会いしたChicoさんは元気ハツラツ!バイタリティーがあふれる素敵な女性。
明るくて気さくでお話し上手なのは想像していたとおり。とっても魅力的な方で、ますますファンになりました♪

おうちにはアメリカ人のご主人とご友人家族がいらしていて、みんなで歓談。
Chicoさん手作りの美味しいジンジャーブレッドクッキーと紅茶をいただきました。

なんだか、夢が現実になったことに呆然としてしまい、まともな挨拶もできず、聞いてみたかったあんなことやこんなことも何も思い出さず。。。
お会いできたことだけで気持ちがいっぱい。

目的は「ケーキを受け取ること」だったので、今日は早めに退散。
と言っても、Chicoさん手作りのジンジャークッキー、ブラウニー、ジャムなど、たくさんの手土産をいただいてしまいました。
プロの作るお菓子なんて、なんと贅沢な!
でも、しっかりいただきます。(笑)ありがとうございます♪
こんな私ですが、これからもよろしくお願いいたします。

帰りの車の中も、半分放心状態。
憧れの方にお会いできた現実を理解するのに、いったい何時間かかったことか。。。

shinaさん、大きなクリスマスプレゼントをありがとう!感謝してもしきれません!!!

家に帰り、ようやく心も落ち着いたのだけど、ブログを書いていたらまた興奮してきてしまいました。。。

夢?夢だったの?

いや、でも、手元にはしっかり証拠が。
PICT0275
(アメリカ~ンな香りのジンジャーブレッド・クッキー♪)

PICT0266
(とっても濃厚なキャラメル・マカダミアナッツ・ブラウニー♪)

クリスマスイブのすてきな一日でした。

私って、幸せ者。。。
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-24 23:37 | アメリカ生活

たった今のこと。

あまりに驚いたので、今日はダブルエントリー。

うち玄関の前には、10世帯分くらいのメールボックスがあります。
平日の午後になると、郵便屋さんがガタゴトと郵便物を入れる音がします。

さきほど、玄関をノックする音が聞こえたので穴を覗いたところ、郵便屋さんがいつものように作業をしていたので、気のせいだと思ってお茶をすすっていました。
(うちにはピンポンがございません。)

しばらくすると、背後でドサッという大きな音が!
何?何?
何か落ちてきた?

そう思ってテラスをのぞくと、窓の前に郵便物が。。。
郵便屋さん、留守だと思って荷物を投げ込んだらしい。

思わず、写真をパチリ。
PICT0245

おもしろいので、外からもパチリ。
PICT0247

テラスの幅は、約3メートル。相当な勢いで投げたでしょ!
塀が低いから、投げるのは簡単だろうけど。。。

こちらでは、配達先が不在だった場合、隣の人やLeasing Office(管理人室のような場所)に預けたりすると聞いたことがある。
でも、まさか、テラスに投げ込まれるとは。。。
荷物が超高級品だったらどないすんねん!(うちにはありえないけどさ)

ちなみに、先日テレビの配達を頼んだときのこと。私は買物に出掛けていたのだけど、Fedexのお兄さんは何度も何度も電話をしてくれて、「今家にいるか?何時ころならいるか?」と連絡をとりながら受け取ることが出来ました。そういう親切な方もいます。
さすがに、テレビは投げ込めないだろうけどね。

そんな親切さのバラバラ加減がアメリカ~ンだと感じた、今日のひとコマでした。
おしまい。
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-21 13:30 | アメリカ生活

運転免許実技試験。

昨日、運転免許の実技試験に行ってまいりました。
場所は、筆記試験を受けたところと同じ、San MateoのDMV(試験場)。

私は日本では普段から車を運転していたし、前職では運転訓練も受けています。
なので、正直言って、運転にはけっこう自信があったりします。

国際免許証を持っているので、こちらに来てからもほぼ毎日車を乗り回していて、
左ハンドル右車線の運転にもだいぶ慣れてきました。
特別に試験の想定練習はしなかったけど「まあ、大丈夫だろう」という、安易な気持ちで試験に望み。。。

結果から言うと、、、ギリギリ合格。
試験を受けている最中は、もうダメだと思った。。。


試験当日、「大丈夫だろう」と思いながらも、かなり緊張してDMVへ向かいました。
普段、あまり緊張ってしない方なのですが(根性、座りすぎ)、久々の「試験」という状況に、前夜からドキドキ。想定練習をしていない、という事実が、また不安をあおる。

車で順番待ちしている間、様子を見ていたところ、試験官は3人。
・やさしそうなインド系のおじちゃん
・やさしそうな黒人のおばちゃん
・気難しそうな黒人のお姉さん。
3人目の試験官には当たりませんように、と願いながら順番待ち。。。
ええ、ばっちり当たってしまいました。
こういう時って、いつもそう。
バイクを運転するときに、ぶつかりたくない方向を見るとぶつかってしまうのと同じ。
はぁ。。。

何が気に入らないのかわからないけど、ムスッとした顔のお姉さん(どう見ても私より年下)が近づいてきて、試験についてペラペラ話し出す。
ただでさえ英語が苦手なのに、がっちり緊張してしまって何を言っているのかわからない。。。
「もう1度言ってください」と言うと、「私の言うことがわからないなら、試験を受ける資格はないわよ。」といいだす始末。
ひえ~、それは困る~。必死で聞き取り、何とか試験開始。

シグナルや手信号などの試験は順調にこなしました。
ただ1つだけ、「Emergency Brake(緊急ブレーキ)」と言われた時に、どれだかわからず「どうしよ~」と焦ってしまい。。。
お姉さんが指差した先は、サイドブレーキ。
へ~、これ、Emergency Brakeっていうんだ~。
もちろん、減点されていました。。。

そんなこんなでガチガチになって運転試験開始。
もう、いつもの自分ではなくロボットのよう。
巻き込み確認のため後ろを向くときも、必要以上にキョロキョロしてしまい、それも減点。
停止線をほんの数センチ出て止まっただけでも減点。
隣でチェックを入れているのがわかるので、こちらもどんどん切なくなる。。。
「Turn left」など指示を出すお姉さんの声もどんどん低くなっていくし。
不思議と、縁石に沿ってバックするテストだけはとても綺麗にでき、得意分野だけにホッ。。。

15分くらい走ってDMVの駐車場に戻ると、その場で合否を伝えられるはずなのだけど、お姉さんったら、「このときはこうしろ」という注意ばかりでなかなか合否を言ってくれない。
結局、最後まで合格とも不合格とも言わずに試験のチェックシートを渡されたので、ダメだったのかなぁと思いながら、おそるおそる「合格ですか?」と聞いてみた。
すると、急に大きな声で「技術的には合格とは言えないわ。もっと練習が必要ね。まあ、一応合格だけど、注意して運転しなさいよ。」と言って、車を降りていった。。。

まあね、たしかに、普段からこんな運転をしていたら危なくて仕方がないよ。
いつもはこんな風じゃないのになぁ。。。

合格したのに、なんだか悲しい気持ちになりながら、DMVの建物に戻った。
このあとどうすればいいのか指示もしてくれなかったので、とりあえず近くの窓口へ行ったら、合格の手続きをしてくれました。
放心状態でボーっとしてた私に、受付のお姉さんが「Congratulations!(おめでとう!)」と言ってくれた時、ようやく、「あ、受かったんだ」と実感。
その言葉を聞きたかったのよぉ。
ちょっとウルウルしながら車に戻ったのでした。


これから試験を受ける方に言っておきたいこと。
・車の部位の英語名は、しっかりチェックしておくこと。(しないのは私くらいか。。。)
・運転に慣れていても、1度は試験を想定して走っておくこと。
 試験を受けた人に隣に乗ってもらい、指示を出してもらうといいと思う。
 実際、自分の意思で運転するのとは感覚が変わるし、「練習した」という事実だけでも、
 緊張が和らぐと思います。


今回は、運転について自信過剰だった私をたしなめるにはいい機会だったように思います。
最近、アメリカでの運転に慣れてきて、自分でも「慣れてきたころが危険」と感じていたので。
緊張していたとはいえ、そんなことで動揺していては何かあったときに対応できません。
これを機に、初心に帰って安全運転を心がけたいと思います。


とりあえず、帰り道に日系スーパーでマグロのお刺身を購入。自分へのご褒美として。
久々のお刺身、美味しかったデス。

(はぁ~、まだ合格した気がしない。。。)
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-21 11:35 | 手続きあれこれ

例の件。

アメリカのスーパーでよく見かける、「10 for $10」(10個で10ドル)。
野菜や缶詰などによく表示されている。
当然、10個買わなければならないものだと思い、「そんなにいらないよ」と泣く泣く通過。
ところが、オットの会社先輩のブログによると、実は1個買っても1ドルらしい。
これはすてきな情報!

それにしても、まぎらわし~。。。


*******


アメリカに来て、やっぱり気になるのは例の件。
例の件ですよ。
女性にとって、切実な問題。。。

それは、地球の重力と関係していまして。。。
この私の食道楽とも関係しており。。。

はっきり言おう。
体重の件です。


船便が届いて、まず最初にしたことは「体重測定」。
ホテル暮らしの1ヶ月間、体重計がなかったために体重の増加を恐れておりました。
このアメリカの食生活、どこまで体重が増えたか心配で。。。

で、測定の結果はというと、、、1キロ減。
ん?今、何とおっしゃいました?(体重計に向かって)
いや、やっぱり1キロ減。

その後、約1ヶ月経った今も、体重は変わりません。
これだけカロリーの高いものを好きなだけ食べているのに、どうして???


色々考えたけど、思い当たる理由は1つ。
生活が規則的だから。
どうやら、日本にいるころの食生活がひどすぎたらしい。

日本にいたころの私の生活。
当直の日は、昼も夜もおにぎり半分(つまり合計1個)。時間があればサラダ。
その代わり、当直明けの日は、お昼にフランスパン1本。バターをたっぷりつけてね。
住んでいた場所が、またパン屋さん激戦区でねぇ。
美味しいパン屋さんがたくさんあって、誘惑を受けるに事欠かない。
そして、バター大好きの私は、常に発酵バターを冷蔵庫に確保し。。。

これが3日サイクルで繰り返される日々。。。
(一応、その他の食事は栄養を気にしてたけどね。って、言い訳にもならない。。。)

このギャップはまずいだろう、とわかってはいた。
でも、当直の日は食べる時間がない。休憩中もいつ呼び出されるかわからないから、食べる気もしない。
そして、当直明けの日くらい好きなものを、と自分を正当化(?)して、バケットをガブリ。。。

そんな生活でした。

こちらに来てから、そういう暴食に走ることがなくなったことは、とても良いこと。
毎日、3食、規則正しく。
こんな基本的なことが、今まではできていなかったのね。

一番の変化は、ストレスがなくなったこと。
日本で仕事をしていたころは、仕事のストレスを食べることで解消する傾向があった。
今、こうして規則正しく生活できるのは、ストレスがない証拠。
そのときは無我夢中で気づかなかったけど、けっこうストレスを溜めていたんだなぁ。
そんなことに、こちらに来てから、ようやく気づいた。

食生活だけでなく、当直による不規則な睡眠サイクルも体に負担をかけていたに違いない。
毎日、夜に寝て朝起きることのすばらしさ。
人間らしい生活の輝かしさ。
30歳の今、遅まきながら実感しております。

とはいえ、日本にいるときと比べたら、運動量はかなり減少しています。
油断はなりません。。。


と、ここまでは私の話。

隣には、幸せそうにアイスクリームを頬張りながら、大変なことになっている人がいます。
ええ、オットです。
最初の1ヶ月で3キロ増。1日100グラムの計算です。
その後も順調に増加中。。。

ジャンクフード大好きのオットがジャンクフード天国に来たのですから、当然の結果です。
食事を作る方も栄養に気をつけていますが、明らかに食事量が増えています。
まあ、元々が痩せているから、もっと太ってもいいくらいなんですけどね。
「どこまで太れるか挑戦してみたい」なんて、羨ましいことをのたまっております。

どんどん太りたまえ。
でも、ズボンがきつくなっても買い換えてあげないからね。
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-19 20:27 | アメリカ生活

かゆい。

かゆいんです、とっても。

アメリカは想像以上に空気が乾燥していて、全身がかゆくて仕方がありません。
入浴後に保湿クリームを塗ってはいるのですが、そんなの焼け石に水。
足には乾燥性の湿疹ができ、時には出血さえしてしまいます。(悲)

どこかの情報で、「入浴後に浴室のドアを開けておくと、部屋に湿気が行き渡る」と聞いて試したら、なぜか火災報知器が鳴り出す始末。。。煙と湯気を間違えるなんて、子供と一緒じゃないかぁ。。。

今はまだ暖房を使っていないけれど、これから寒くなって暖房を使い出したら、もっと乾燥してしまうにちがいない。どうしよ~。

とりあえず、現在、加湿器の購入を検討中です。
アメリカで加湿器を買うと、水浸しになることがあるという噂を聞いたため、日本のものを仕入れようかとも考えています。
アメリカで売ってる日本製なら問題ないのかなぁ。

何か知恵をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えてくださいませ。
あと、アメリカでオススメの保湿クリーム(顔・全身)がありましたら、ぜひ教えてください。


*******

<おまけ>

今夜のご飯は、再びインドカレー。
オットの好きな「ひき肉とナスのキーマカレー」にバスマティライスを添えて。
PICT0264

約束どおり、はまっています。。。
美味しかった~。

奥に見えるのは、「トマトとアボガドのサラダ」。
5個入りで買ったアボカドが一斉に熟れ出したので(当たり前)、今週はアボカド週間です。
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-16 23:54 | アメリカ生活

みんなでご飯。

渡米後、オットの会社の仲間やご家族とよく集まっています。いつもは、お子さんがいる先輩の家に集まることが多く、夕食をいただいてばかりだったけど、昨夜はうちに集まることになりました。ようやく人を呼べるような状態になってきたので。大人6人、子供2人のにぎやかディナー♪

夕食を準備するにあたり、オットに「あまり張り切るなよ」と言われちゃいました。私、こういう機会が大好きで、張り切りすぎるクセがあるんだな。。。料理してるとウキウキしちゃう。
オットいわく、「あんまり張り切ると、逆にみんな恐縮して来てくれなくなるよ」ということらしい。それは良くわかるのだけど、最初くらいは、と、ちょっぴり張り切って準備。と言っても、メニューは日本にいたときに友人にふるまっていたメニューと変わらず。。。(写真は撮りませんでした。)

・トマトとモッツァレラチーズのサラダ
・ラザニア
・ほうれん草とベーコンのキッシュ
・パエリヤ
・レモンポピーシードマフィン(マフィン型でまた作っちゃいました。)

定番のキッシュは、やっぱり好評♪冷凍パイ生地を使えば、実はとっても簡単。いつも好評なので、つい作っちゃいます。今回はTrader Joe'sの冷凍パイ生地を使用。けっこう美味しかったです。
パエリヤはやわらかすぎてリゾット状態。ちょっと失敗。。。でも、ムール貝が日本で買うより安いし大きいし美味しい!ムール貝大好き夫婦なので、これはうれしいわ。

今回は、見た目が華やかな料理を並べてみました。でも、本当は「おもてなし」というより、「ちょっと寄って食べていったら?」というくらいの気軽な雰囲気でみんなに集まってもらいたい。だから、今後はもっと質素な家庭料理を仕出し(?)していきたいと思います。
みなさん、らく~な気持ちで遊びに来てね~!


最近、お酒を飲む機会が減り、めっきりお酒に弱くなってしまった私。昨日、ワインを飲んだせいか、今日は一日ぐったりしてました。。。そんなに量も飲んでないしあまり酔わなかったけれど、体がなかなか元に戻らない。歳なのかなぁ。。。

そんなわけで、今夜は、体にやさしい野菜たっぷりのミネストローネ。肝臓をいたわって、ターメリックを入れています。たっぷり2日分作ったので、明日の食事はラクチンだわぁ。
PICT0245
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-14 23:22 | Food

夢のダイニングセット&ガラムマサラ。

結婚してから、ずーっとずーっと欲しかったもの。それは、ダイニングセット。
日本にいたときは、ダイニングに当たる場所をマウンテンバイクが占領していたため、ダイニングセットを置くスペースがなく、しぶしぶちゃぶ台生活を送る日々。。。
こちらの部屋では何とかスペースを確保できたので、とうとう購入へと踏み切りました。

近所の家具屋やIKEAに何度も通い、ムービングセールもチェックし、悩むこと1ヶ月。結局車購入のときにもチェックしていたcraigslistの情報により購入♪cragslistは個人が中古品を売り出す場合と業者が安く売るために載せる場合があり、今回は業者から新品のダイニングセットを購入しました。
現物を見るため行った場所は、いわゆる倉庫。体育館のような建物の一角を土曜だけオープンし、いくつかの家具を陳列しています。
実は、今回選んだ家具は1ヶ月前からずっとチェックしていたもの。色々な家具屋を回って比較しながら選びました。けっして高級品ではなく、値段はIKEAで揃えるのと同じ程度。でも、色や雰囲気が気に入って、ようやく決断。

待望のダイニングセットが昨日うちに届き、オットと一緒にうんせうんせと組み立てました。業者に組み立てを頼むと別料金なので。
ダイニングセットを置くと、グッと部屋らしくなるわぁ。満足満足♪


さて、ダイニングセットでの初ディナーは、、、インドカレー♪

チキンとトマトのカレー、コリアンダーライス添え。
PICT0344

日本にいるころから、カレーは市販のカレールーを使わずにスパイスだけで作っていました。
スパイスなどの配合はけっこう適当。インド料理の料理教室で習った配合を元に、適当にアレンジして作っていました。でも、なかなか思うような味が出せず。。。
なので、今回は、ちゃんとレシピ本を見て、自家製ガラムマサラを作るところから初めてみました。参考にしたレシピ本は「スパイスマジックでつくるカレーの法則」
(渡米するにあたり、仕事を辞めたらじっくり料理をできるだろうと思って買った数冊のレシピ本のうちの1冊。)

スパイスはインド食材店で売っている格安スパイス。1袋1ドル前後。インド産、タイ産、などを気にしなければ、スーパーの半値以下で購入できます。
PICT0356

クミン、コリアンダー、シナモン、カルダモン、フェンネル、クローブ、ナツメグ。。。など、10種類以上のスパイスを調合し、フライパンで炒ってミルでパウダー状に挽けば、自家製ガラムマサラの完成!密閉容器に入れて2~3日熟成させると、さらに風味がまとまるらしいです。
PICT0329

ただし、1つ問題が。本には、どのスパイスを何グラム、と細かく指定されいるのですが、うちには1グラム単位の量りがない。。。なので、結局ほとんど適当になってしまいました。大まかには合っていると思うけど。。。

まあ、ガラムマサラというのは日本のぬか味噌みたいなもので、その家庭によって味も違うものだから、決まりはないしね。(開き直り。)レシピ本にも、「慣れてきたら自分の好みの調合で」って書いてあるし。(まだ慣れてないけど。。。)
ちなみに、カレー粉とガラムマサラの違いはターメリックが入っているかどうか。今回、少しだけターメリックを足したから、正確には自家製カレー粉ですね。

今回のトマトとチキンのカレーもレシピ本から。マスタードシードがなかったから、代わりにクミンシードを入れてみました。もちろん、手作りガラムマサラも大さじ1杯入っています。少量のココナッツミルクと隠し味のレモンが主張しすぎず調度いい。辛党の私たち夫婦には、もっとチリを足してもいいかもね。
PICT0336

カレーに添えているコリアンダーライス、実は、以前メキシコ料理の教室で習ったものをアレンジ。
PICT0332

先日フォーを作ったときに買った生のコリアンダーが大量に余っていたため、消費のために作ってみました。インドとメキシコの融合。小さなアパートの台所で、料理の国境を大きく崩した日本人、ここにあり。。。
炊き時間が足りなくてお米に芯が残ってしまったけど、意外とカレーに合っていました。今後、コリアンダーライスの出演回数が増えることでしょう。
今日、バスマティ米も手に入れたし、しばらくはインドカレーにはまりそうです。


カレーを食べながら、「やっぱりダイニングセットはいいね~。」と何度も何度もつぶやいた私たちでした♪

PICT0349
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-11 15:12 | Food