趣味は料理・旅行・MTBなど。どうぞよろしくお願いします♪(渡米以前のブログはhttp://d.hatena.ne.jp/axyxuxmxi/へ。)


by ayumin_moo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
手続きあれこれ
Cooking
Bread
Sweets
Food
Wine
Restaurant
Shopping
Gardening
Tahitian&Hula
Traveling
Bicycle
Hobby
レシピメモ
English
ひとりごと
Sobuko日記
2008 Utah
2009 India
2010 LA etc.
そぶ子へ
そぶ太郎へ
未分類

以前の記事

2015年 05月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2012年 08月
2012年 01月
2011年 12月
more...

お気に入りブログ

そして今日も途方にくれる
Mau-ly Life ...
pinkteddy_we...
きまぐれ主婦生活考
shina_poohな日...
泡あわわ
シリコンバレー自転車生活

最新のトラックバック

Crown & Crum..
from ふらふらサンふらンシスコ
他人のふんどしで相撲をとる
from ふらふらサンふらンシスコ
No.495 3回目のア..
from shina_poohな日々@..

タグ

(9)
(8)
(7)
(5)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:レシピメモ ( 3 ) タグの人気記事

我が家の杏仁豆腐。

昨日は、友人Nさんから餃子パーティーにお呼ばれ。
Nさんは我が家のすぐ向かいのアパートに住んでいます。
まさにスープの冷めない距離。
こんなに近くに気の合う友人が住んでいるなんて、とってもラッキー♪

おしゃれなお部屋におしゃれな食器たち。
う~ん、ステキ♪
美しく包まれた美味しい餃子たちをたっぷりいただきました。

ビール片手に夜の12時まで語り合い。
楽しいひと時はあっという間です。
1分で帰れるのが、また嬉しい。

Dumbling


今回、デザートを持っていく約束をした私。
オットに「デザートは何がいい?」と聞いたら、開口一番「杏仁豆腐。」

たまにはリクエストにお答えしましょうかね。

ということで、杏仁豆腐を作りました。

     Annin Tofu


杏仁豆腐の上に、今が旬の黄桃のスライスと黄桃ソースをトッピング。
黄桃ソースはパティシエChicoさんからいただいた黄桃ジャム(ほっぺたが落ちそうなくらい美味しい!)にレモン汁などを加えて作りました。
クリーミーな杏仁豆腐にソースがからんで、我ながら美味♪

さて、この杏仁豆腐、ようやくレシピが安定してきたので、メモがてら載せておきます。
(ちょっと恥ずかしい)
慣れると簡単ですので、興味のある方は挑戦してみてください。


<杏仁豆腐、カップ6杯分>

・南杏          50g
・水           200g
・牛乳         450g
・砂糖         大さじ1/2
・ゼラチン         7g
・水(ゼラチン用)  大さじ2

1 ゼラチンを分量の水でふやかしておく。
2 杏仁を水に30分ほど浸し、ミキサーにかけて布で絞る。
3 杏仁のカスと牛乳200gをもう一度ミキサーにかけて布で絞る。
4 2、3の絞り汁と残りの牛乳、砂糖を中火にかけて沸騰直前まで温める。
5 4を火からおろし、ゼラチンを加えてとかす。
6 茶漉しで漉しながらボールに移し、水を当ててあら熱をとる。
7 器に注ぎ、泡を取り除いて冷蔵庫で冷やし固める。


では、少々説明をば。

あんずの仁には北杏と南杏があります。
私がいつも使うのは南杏。
ほとんど違いはないそうですが、どちらかというと南杏の方が風味がマイルドだそうです。
(どちらも中華系スーパーに売っています)

本来は寒天を使うようですが、最初の2回挑戦して2回とも寒天がダマになってしまい。。。
なので、諦めてゼラチンを使うようになりました。

ゼラチンを使った方が、つるんと口当たりのいい仕上がりになります。
最近はゼラチンを使うお店が多い様子。
実は私もこちらの方が好み。
固めの「元祖杏仁豆腐」が好みの方は、寒天を使って挑戦してみてください。

牛乳は豆乳にも変えられます。
牛乳を使うとクリーミー、豆乳を使うとさっぱりめ。
さらにクリーミーにするには、牛乳の一部(100ccくらい)を生クリームに変更可。

シロップはお好みで。
私は普段、グラニュー糖大さじ2くらい、水50ccくらい、レモン汁少々で作ります。
火にかけて溶かすと固い味になってしまうので、できれば水に溶かした方がいいです。


こんな感じでしょうか。
「ここはこうした方が良い」などの意見があったらぜひ教えてください!
今後、さらに改良した時は追記していきます。
[PR]
by ayumin_moo | 2008-08-01 21:13 | Sweets

イチゴ中毒。

アメリカは、とにかく果物が美味しい。

特に、ファーマーズマーケットで買う果物は最高♪
甘味が違います。

こちらではまだイチゴの季節が続いています。(ふふふ)
日本にいたころから、イチゴ中毒だった私。
イチゴを食べだしたら止まらない。1パック軽く食べてました。

日本のスーパーって、どうして入口を入ってすぐの場所にイチゴを並べるんだろうって、春になるといつも本気で悩んでいたなぁ。


最近、毎週のように足を運んでいるSan Mateoのファーマーズマーケット。
毎週のようにイチゴを買っている私。
昨日はオーガニックのイチゴが普段より安い3パック5ドルで売られていました。
(いつもは3パック7ドル。粒の大きさはバラバラだけど、日本よりは安いぞ!)

最後に買おうと思い、他のお店を回って戻ったら、閉店間際で3パック3ドル。
しかも、「6パックなら5ドルだよ」なんていうお兄さんの声につられ、6パック購入。
イチゴはいくらあってもいいんです。


とはいっても、2人暮らしでこんなに沢山は消費できない。
イチゴ以外の果物もいっぱい買ったし。
なので、傷みの早そうなイチゴをジャムにしてみました。

Strawberry Jam

いつもお世話になっているパティシエChicoさんが3日かけてジャムを作るとブログに書いていらしたのだけど、どう頑張っても2日で終わってしまった。。。

ここで迷ったのが砂糖の量。
どのサイトのレシピもだいたいイチゴの重さの半量の砂糖を使っているようなので、私も半量を用意。でも、いざ入れる時にどうも多すぎのような気がして、結局1/4の量だけ入れてみた。
それでも、できあがりはかなり甘かったです。イチゴそのものも相当甘いからかな。
(Chicoさんによると、フランスではイチゴの重さと同量の砂糖を使うそうです)


砂糖を控えるとカビが心配なのですが、ここで私の秘策が。
いや、これが正しいかどうかはわからないのだけど。。。

前回ジャムを作ったとき、イチゴ酵母の出涸らしイチゴを加えたら、けっこう日持ちしたのです。
なので、今回はイチゴ酵母液を少しだけ加えてみました。
酵母液には殺菌・消毒作用があるのは確かなので、効いていると信じたい。
うちはジャムの消費が遅いので、日持ちって重要。

酵母液を入れなくても、熱々のまま消毒したビンに小分けすれば、ある程度日持ちするはず。
でも、いつも小ビンを仕入れる前にジャムを作ってしまう計画性の無い私。。。


作りたてのジャムを焼きたてバケットにちょこっとのせて食べる、あ~幸せ♪    
冷たいヨーグルトムースに、イチゴジャムとフレッシュイチゴソース、あ~幸せ♪

   Strawberry Jam Strawberry Jam

よい子はマネしないでください。
[PR]
by ayumin_moo | 2008-07-10 22:19 | Cooking

キッシュのレシピ。

いつも作るキッシュ・ロレーヌのレシピです。
レシピって偉そうに言うほど特別なレシピではないのですが、「教えて」という声が多数(3人くらい)聞こえたのでアップします。
印は、特に注意するとよいところです。執務の参考としてください。


P1010190PICT0295


<材料>(直径23cmのタルト型1台分)
・パイ生地1台分
 パイ生地の作り方は、各自お持ちのレシピ本、またはサイトを参照してください。
 なければ冷凍パイシートでもOK。(手作りの方が美味しいですが。。。)
・アパレイユ(卵の生地)
 牛乳        ・・・200cc
 生クリーム    ・・・100cc
  (濃厚なものが好きな方は、牛乳と生クリームを逆の量で。)
 卵         ・・・1個
 卵黄        ・・・2個
 塩         ・・・少々
 こしょう      ・・・少々
 ナツメグ      ・・・少々(必ず入れてください。味がまとまります。)
・具
 ベーコン       ・・・50gくらい(ブロックベーコンだとさらに美味しい。)
 たまねぎ       ・・・1/2個
 ほうれん草      ・・・100gくらい(茹でた状態で。まあ、お好みの量を。)
 グリュエールチーズ・・・50gくらい
 他、ポルチーニ、じゃがいもなど、お好みの具。
・その他
 打ち粉       ・・・適量
 卵液(型に塗る) ・・・適量


<作り方>

1、パイ生地を3㎜ほどの厚さ、タルト型の直径より10cmくらい大きくなるようにのばす。

2、タルト型に生地を置き、生地が破れないように気をつけながら、タルト型に密着させる。
  *タルト型にバターを塗っておくと、あとではずしやすい。

3、生地の余った部分は外側に垂らし、型の上で麺棒をころがして余った生地を切り落とす。
  *焼き縮みが気になる場合は、縁から5㎜くらいのところをはさみで切る。
  *私は、アパレイユの洪水防止も兼ねて、縁飾りをつけたりします。(写真参照。)
PICT0282

4、フォークで生地の表面に穴をあける。

5、クッキングシートを敷いて重しを敷き、余熱した180度のオーブンで25分から焼きする。
  *焼き色がつくくらい。ここで焼きすぎると、具を入れて焼いたときに焦げるので注意。

6、焼けたらシートと重しをはずし、ハケで卵液を型の内側と縁に塗り、さらに5分ほど焼く。
  *重しが熱いので、やけどに注意。

7、具の下ごしらえをする。
  たまねぎをスライス、ベーコンを棒切りにし、塩コショウで軽く炒めて冷ます。
  ほうれん草は茹でるかレンジでチンして3cmくらいに切り、水気を絞る。
  グリュエールチーズはすりおろすか、細かめにスライスしておく。
  ポルチーニを入れる場合は、30分ほど水につけて、水気を絞る。

8、アパレイユを作る。
  ボールに卵、卵黄を溶き、牛乳、生クリームを泡立てないように混ぜ合わせる。
  塩、こしょう、ナツメグを適量加える。(味を見ながら加減する)

9、から焼きしたパイ生地に、具をムラなく敷き詰める。
  *順番は適当。私は下からベーコンとたまねぎ、ほうれん草、チーズの順に入れます。
  *ポルチーニを加える場合は、ベーコンに触れるようにした方が美味しい気がします。

10、アパレイユをあふれないようにそーっと注ぎ入れる。
  *焼くと生地が少し膨らむので、あまりギリギリまで注ぐと焼いている間にあふれます。
    アパレイユがもったいないと思って欲張って注がないように注意。(私だけ?)


11、180度のオーブン(上段)で20~25分ほど焼く。表面に焼き色がつけばOK。

12、あら熱がとれてから、適当な大きさに切ってできあがり。おつかれさまでした。


PICT0151PICT0315


ちなみに、アパレイユが足りないと、後からアパレイユを作って足すのは大変なので、あらかじめ多めに作るか、具を増やすなどすると良いと思います。
経験上、手作りパイ生地の方が焼き縮みしにくいようです。アパレイユや具の量を調節するときに参考にしてください。

これ以外にも美味しいレシピがあると思うので、ご存知の方はぜひ教えてください。
あと、このときはこうすると良い、というアドバイスがありましたらお願いします。

pink、mikinina、後はじゃんけんでよろしく。
[PR]
by ayumin_moo | 2007-12-27 20:35 | Cooking